logo

MS、Android/iOS用アプリの「Windows 10」移植を促すツールを発表

Joshua Goldman (CNET News) 翻訳校正: 編集部2015年04月30日 08時36分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MicrosoftのOperating Systems Group担当プレジデントを務めるTerry Myerson氏は、米国時間4月29日から開催されている開発者会議「Build 2015」において、Android向けのJavaとC++のコードを「Windows 10」スマートフォンに移植する方法を発表した。Android開発者らは、JavaまたはC++で記述したアプリのAPKファイルを「Windows Store」に提出し、Windows 10搭載端末上で動作させられるようになる。

 Myerson氏は、Appleの「iOS」プラットフォーム上の主要言語であるObjective-Cのコードをコンパイルする機能が提供される予定であることも明かした。開発者は「Xcode」で開発したiOSコードを「Visual Studio Code」に取り込んで、Windows 10用のアプリを作成できるという。

 Microsoftは上記2種類のツールのほか、ウェブサイトをMicrosoft Store用のアプリに変換する方法もデモした。Myerson氏は檀上で、多数の動的な機能が搭載された、音楽サービス22Tracksのサイトをアプリ内課金機能を装備するアプリに変換してみせた。

 またMyerson氏は、.NETアプリとWin32アプリがWindows Storeで提供される予定であることも明かした。ステージでは、その例としてAdobeの「Photoshop Elements」と「Premiere Elements」の対応が発表された。

 これら4つのツールは、さまざまな端末向けに提供されてきたOSを1つに統合しようというMicrosoftの戦略の一環として提供される。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集