logo

パナソニック、防水ポータブルテレビ「プライベート・ビエラ」--「おでかけ番組」対応機も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックは4月27日、ポータブルテレビ「プライベート・ビエラ」T5シリーズ2機種と、E5シリーズ2機種、F5シリーズ1機種の計5機種を発表した。6月12日に発売する。想定税別価格は、T5シリーズ15V型「UN-15T5」が8万1000円前後、10V型「UN-10T5」が6万1000円前後、E5シリーズ15V型「UN-15E5」が6万5000円前後、10V型「UN-10E5」が4万5000円前後、F5シリーズ19V型「UN-19F5」が5万円前後。

 T5、E5シリーズともバッテリを内蔵し、15V型は約4時間、10V型は約3.5時間の充電で約3.5時間の駆動が可能。家じゅうどこでも持ち運んで、レコーダー部で受信した地上、BS、110度CSデジタル放送を視聴できる。モニタはIPX6/7の防水対応なので、キッチンや風呂でも使うことができる。

 T5シリーズは500GバイトのHDDを内蔵。最大675時間分の番組を録画できる。モニタにはタッチパネルを搭載し、録画や再生、チャンネル切換などの操作が可能だ。別売の防水リモコンも用意している。E5シリーズには防水リモコンが付属する。

 F5シリーズは家族でも見やすい19V型。チューナ部で受信した放送を無線でモニタに転送するため、アンテナ線がつなぎやすい場所でもモニタの設置が可能だ。バスレフポート付スピーカーボックス(3W×2)を搭載し、しっかりとした低音域を表現。ホーン形状の音孔により、小型でも聴き取りやすい。

 全シリーズとも「お部屋ジャンプリンク」に対応し、別室の「ディーガ」の録画番組をモニタで視聴することが可能。別売のHDDをチューナ部に接続して、録画した番組の視聴も可能だ。「外からどこでもスマホで視聴」にも対応し、専用アプリをインストールしたスマートフォンやタブレット端末で、内蔵、外付けHDDの録画番組を視聴できる。

  • 「UN-15T5」、「UN-10T5」

  • 「UN-15E5」、「UN-10E5」

  • 「UN-19F5」

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集