logo

グーグル、「Android Wear」のアップデートを発表--Wi-Fi対応や絵文字の手書き入力など

Richard Nieva (CNET News) 翻訳校正: 編集部2015年04月21日 11時22分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは、スマートフォンになるべく依存しないスマートウォッチの開発を目指している。

 今のところ、ほとんどのスマートウォッチは、スマートフォンとペアリングした上で、常にスマートフォンの近くで使用する必要がある。だが、Googleの「Android Wear」で動作するスマートウォッチではその必要性がなくなることが、Googleが米国時間4月20日に発表したアップデートの内容から明らかになった。アップデートされたスマートウォッチを使えば、Wi-Fiネットワークに接続して、最新のメール、予定、アポイントメントなどの情報をインターネット経由で直接受信できるようになる。

 このアップデートでも、携帯回線またはWi-Fiに接続したスマートフォンから情報を受信できる状態にする必要はある。ただし、その設定さえ行えば、スマートウォッチ上で通知を受け取ったり、メッセージを送ったり、アプリを使ったりできる。スマートフォンが近くにある必要はなく、スマートフォンをスマートウォッチと同じWi-Fiネットワークに接続しておく必要もない。

 また、この新しいソフトウェアには、アプリの使用中にディスプレイをオフにせず、常に表示したままにできる機能がある。この機能は、たとえば、ハイキングでスマートウォッチ上に地図を表示させたままにしたいときなどに役立つだろう。なお、バッテリを節約するために、ユーザーがディスプレイを見ていないときには、画面が白黒になる。

提供:Google

 さらに、Googleは新しいハンズフリー機能を取り入れ、手首をひねるだけでスマートウォッチの画面を切り替えられるようにした。また、ディスプレイ上で絵文字を手描き入力することもできる。

 今回のソフトウェアアップデートは、最初にLGの新しいスマートウォッチ「LG Watch Urbane」で利用できるようになるというが、その発売日はまだ明らかにされていない。他のAndroid Wear搭載スマートウォッチは、近いうちにインターネット経由でアップデートできるとGoogleは説明している。

 Android Wear搭載スマートウォッチをAppleの「iPhone」と連携させる機能は、このアップデートには搭載されていないようだ。だが、最近の複数の報道では、将来的に連携が可能になるとされている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集