logo

グーグル、検索履歴をダウンロード可能に

Don Reisinger (Special to CNET News) 翻訳校正: 中村智恵子 高橋朋子 (ガリレオ)2015年04月21日 10時09分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは、ユーザーが過去の検索履歴をダウンロードできる機能をGoogleアカウントに追加した。非公式のGoogle関連ブログが先週末に報じたところによると、これはユーザーの全検索履歴を「Google Drive」にエクスポートし、そこからダウンロードを可能にする機能だ。検索履歴は、年単位と四半期単位のファイルにまとめてZIPアーカイブに保存される。

 Googleは、以前からユーザーが検索履歴を閲覧できるツールを提供しているが、ダウンロードツールは提供したことがなかった。今回の機能は、Googleからの正式なダウンロードツールとなる。

 非公式の情報ブログGoogle Operating System Blogによると、Googleは2014年からダウンロード機能のテストを開始していたという。今回の機能追加は、自身のデータへの容易なアクセスをユーザーに提供するべく、Googleが注力している取り組みの一環だ。

 ユーザーが自身のGoogle検索履歴にアクセスするには、Googleアカウントが必要になる。アーカイブを作成すると、警告文が表示され、データに関する声明を「注意深く」読むよう促される。声明の内容は、プライバシー保護のため、検索履歴のアーカイブを公共のコンピュータにダウンロードしないようにというものだ。また、データを保護し、第三者による検索情報へのアクセスを制限するため、2段階認証を利用するよう呼びかけている。

 Google検索履歴をダウンロードするには、Googleの検索履歴ページから右上の設定ボタンをクリックする。そこに表示される「ダウンロード」のオプションを選択すると、検索履歴のアーカイブがGoogle Driveに追加され、そこから直接ファイルをダウンロードできる。

Googleでの検索履歴がダウンロードできるようになった。
Googleでの検索履歴がダウンロードできるようになった。
提供:Screenshot by Lance Whitney/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集