logo

[ブックレビュー]将来最も役立つ知識--「子どもを億万長者にしたければプログラミングの基礎を教えなさい」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
KADOKAWA
詳細:単行本 / 223ページ / KADOKAWA/メディアファクトリー / 価格:1512円 / 著者:松林 弘治 / 発売日:2015/02/20 / 外形寸法 (H×W×D):18.8cm×12.8cm×2.0cm / 重量:0.2kg
内容:これからの時代、武器になるのはプログラミング知識、とビジネスにおけるプログラミングの必要性を説く本書。日本でも授業や習い事の1つとして目にすることが増えたプログラミングは、どんな役に立ち、なぜ必要なのか。大人が読んでもわかりやすい1冊。
Amazon.co.jpアソシエイト

 タイトルは少々煽り気味だが、本文はまったく煽ってはおらず、堅実な内容だ。プログラミングを勉強することにどのような効果やメリットがあるのか、さらに子どものうちからプログラミングに親しむことで、どのような力が身につくのかが、非常に分かりやすく書かれている。

 アメリカやイギリスにおけるプログラミング教育の現状や、日本でも始められている、子ども向けのプログラミング講座が紹介されており、決して海外の事例をべた褒めしているわけではない。日常生活と「アルゴリズム」の関係や、プログラムが普段どのような所で使われているかなど、身近な例をあげ、決して難しくはないことを知ってもらおうとしている。

 本書には、「プログラム」そのものはほとんど出てこないが、「プログラム」とはそもそもどういうものか、「プログラミング」とは何をすることなのかが、順を追って丁寧に説明されている。そのため、子どもを持つ親に向けて書かれてはいるが、プログラミングに興味はあっても、「自分にはプログラミングなんて」と思っている大人が、プログラミングの基礎をザッと押さえるために読むのにもちょうど良い。

-PR-企画特集