logo

アップル開発者会議「WWDC 2015」、米国時間6月8日に開幕

Lance Whitney (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2015年04月15日 07時29分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

UPDATE Appleは米国時間4月14日、2015年のWorldwide Developers Conference(WWDC)を米国時間6月8〜12日にサンフランシスコで開催すると発表した

 開発者を対象とするAppleの年次会議WWDCでは、ソフトウェア「Mac OS X」とモバイルOS「iOS」の次世代版に関する新しい詳細情報とデモが中心となるのが恒例である。iOSは、2015年には「iOS 9.0」になる予定だ。

 Appleのワールドワイドマーケティング担当シニアバイスプレジデントを務めるPhilip Schiller氏は声明で、「iOSとOS Xの素晴らしい新技術を、WWDCに参加する開発者、そして世界中の開発者に共有する予定で、彼らによって次世代のアプリが開発されることを楽しみにしている」と述べた。

 サンフランシスコのモスコーンウエストコンベンションセンターで開催されるWWDC 2015では、開発者を対象に、iOSとOS Xの最新技術を開発、導入、統合するためのさまざまなテーマを取り上げた100を超える技術セッションがAppleのエンジニアらによって開かれる。また、1000人を超えるAppleのエンジニアによってハンズオンラボが開かれ、開発者は自分のアプリにおいて新しいバージョンのOSに対応する方法を学ぶことができる。

 Appleは、「技術的な卓越性、イノベーション、優れたデザイン」を示す「iPhone」「iPad」「Apple Watch」「Mac」用のアプリを表彰する、同社のDesign Awardsも開催する予定である。

 チケットは、米国では1枚1599ドルで販売され、それ以外の対象国ではそれぞれの通貨で販売される予定。開発者やその他興味のある人々は、米国太平洋時間4月17日午前10時までにWWDCウェブサイトで抽選に申し込むことができる。

 チケット当選者は、無作為に抽選で選ばれ、米国太平洋時間4月20日午後5時までに通知される。チケットはすぐに売り切れてしまうので、参加希望者はできるだけ早く申し込むとよいだろう。WWDCスカラーシップを通して世界中のSTEM(科学、技術、工学、数学)関連機関に参加する学生や会員を対象に、350枚の無料チケットも配布される予定だ。

 WWDCに申し込むにはApple開発者アカウントが必要である。具体的には、WWDCの日程が発表された14日午前の時点で「iOS Developer Program」「iOS Developer Enterprise Program」「Mac Developer Program」のいずれかの会員でなければならない。13〜17歳の開発者は、対象会員である保護者または親が申し込みを行う必要がある。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集