logo

アップル、8Kディスプレイ搭載「iMac」を2015年中にリリースか

Don Reisinger (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2015年04月07日 08時04分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LG Displayによると、Appleは「iMac」のアップデートに取り組んでおり、その解像度をさらに高くしようとしているという。LG Displayは先週公開していたブログの投稿で、ディスプレイ技術の未来について述べ、8Kとして知られる「超高解像度」フォーマットが次なる目玉になるとしていた。

 その投稿の中に目を引く次の1文があった。「Appleも2015年中に超高解像度ディスプレイを搭載する『iMac 8K』をリリースすると発表している」という箇所だ。

 Appleはそのような製品を発表していない。Appleは、独自のスケジュールに従って独自に発表を行うことを好み、ベンダーらには最大限の秘密保持契約を結ぶことを求める。Appleが8K搭載iMacに取り組んでいるとすれば、LG Displayは苦しい状況に陥る可能性がある。

 ディスプレイ解像度の未来は、究極的には8KにあるとLG Displayは述べている。同社によると、7680×4320というその解像度は、人間の目が認識可能な最高解像度であるという。LG Displayは2015年1月に開催されたCESで、98インチの8Kディスプレイを披露した。

 それでも、ユーザーが5Kまたは8Kの効果を最大限に活用するには、それに対応するコンテンツが必要となる。

 Appleが本当に8Kディスプレイに取り組んでいるとすれば、LG Displayはそれを知る立場にある可能性がある。iFixitによると、iMacの5Kディスプレイを製造したのはLG Displayであるという。LG Displayが、5K搭載iMacをアップデートするための8Kディスプレイに取り組んでいる可能性はあり、それをうっかり漏らしてしまったことが考えられる。

提供:LG Display
提供:LG Display

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集