logo

Twitter、エンジニアリング管理プラットフォームのtenXerを買収

Rachel King (ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 福岡洋一 (ガリレオ)2015年04月03日 10時44分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 TwitterがtenXerを買収したことが明らかになった。エンジニアリング部門に新しい風を吹き込もうとしているようだ。

 サンフランシスコを拠点とするtenXerの最高経営責任者(CEO)Jeff Ma氏は米国時間4月2日朝、Twitterでつぶやくという、いかにもそれにふさわしい方法で合併を発表した。

 2012年に創設されたtenXerはエンジニア向けのデータ分析およびサービスツールを開発している。

 tenXerは自社のウェブサイトで、「Pivotal Tracker」や「GitHub」のようなソースにある既存のデータやツールを利用してパフォーマンスに関する洞察やフィードバックを得ることにより、時間とコストの両方を節約できると宣伝している。

 Twitterはこの数年間、データおよびエンジニアリング関連の企業をいくつか買収してきた。たとえば、2013年にはモバイルアプリのクラッシュレポートを手掛けるCrashlyticsや、ビッグデータやテキストマイニングの可視化エンジンを手掛けるLucky Sortを買収している。

 だがtenXerは、こうしたパターンから少し外れているように見える。Twitterが獲得する新しいリソースは、このマイクロブロギングプラットフォームにおける新しいデータツールを法人顧客やブランドに提供するためではなく、Twitter社内のエンジニアリングチームをサポートし強化するために利用されることを複数の記事は示唆している。

 買収の金銭的条件は明らかにされていない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集