logo

WhatsApp、「Android」向け最新版で音声通話機能を標準搭載

Lance Whitney (Special to CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 高森郁哉 (ガリレオ)2015年04月01日 11時18分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Android」デバイス上でメッセージングアプリ「WhatsApp」を使っている人は、このほど全員が新しい音声通話機能を利用できるようになった。

WhatAppsの全ユーザーで音声通話機能が利用可能となった。
WhatAppsの全ユーザーで音声通話機能が利用可能となった。
提供:WhatsApp

 音声通話機能は、2015年2月に一部ユーザー向けに提供が始まり、その後、この機能を利用できている人からの紹介制へと拡大していた。そして今回、Android搭載デバイスの全ユーザーが使えるようになった。ただし、1点だけ注意が必要だ。現在「Google Play Store」で配布されているバージョンでは、同機能が使えない可能性がある。

 Android Policeによると、WhatsAppのバージョン2.12.19に音声通話機能が含まれている。しかし、このバージョンは現在、Androidアプリケーションパッケージ(APK)ファイルでしか入手できず、このファイルのインストールは、Google Playからアプリを直接ダウンロードするほど簡単ではない。バージョン2.12.19は、APKファイルで提供されている最新バージョンだ。

 Google Playに現在あるWhatsAppはバージョン2.12.5で、The Next Webによると、このバージョンでも音声通話機能の有効化はできるという。だが一方で、Android Policeによると、最新版より古いバージョンでは音声通話が機能しないとの複数報告があるという。

 WhatsAppのサポート関係者は米CNETに対し、最新版のアプリが推奨されると説明した。WhatsAppのユーザー同士で音声通話したい場合、バージョン2.12.19のAPKファイルをダウンロードするのが最も確実なようだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集