logo

パナソニック、BDプレーヤー2モデル--Netflixが見られるネットワーク対応機も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックは3月31日、BDプレーヤー「DMP-BDT170」と「DMP-BD85」を発表した。発売は5月22日。想定税別価格はDMP-BDT170が1万5000円前後、DMP-BD85が1万1000円前後となる。

 DMP-BDT170/BD85とも、高精細映像を楽しめる「フルHDアップコンバート」や、ちらつきを抑える「プログレッシブ出力」、8ビットデータを12ビットに変換して高階調の映像を楽しめる「Deep Color」に対応。BD/DVD/CDのほか、USBメモリに保存したコンテンツの再生も可能だ。

 さらにDMP-BDT170は、BDの4Kアップコンバートに対応し、4K対応テレビで高精細な映像の視聴が可能。3Dディスク再生のほか、ネットワーク機能にも対応し今秋サービス開始を予定している映像配信サービス「Netflix」、YouTubeなどのインターネット動画や、お部屋ジャンプリンク対応「DIGA」の録画番組などの視聴も可能だ。

 サイズはDMP-BDT170は高さ43mm×幅312mm×奥行き180mm、重量約1kgのコンパクト設計を実現。DMP-BD85は、高さ38.5mm×幅245mm×奥行き175mm、重量0.8kgのスリムボディで、狭いスペースにも設置が可能だ。2モデルともHDMI映像、音声出力を1系統と、前面にUSB端子を1系統備える。DMP-BDT170のみLAN端子1系統を装備する。


デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集