アップル、中国で「iPhone」の下取りをまもなく開始か

Don Reisinger (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2015年03月27日 08時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 AppleとFoxconnは早ければ現地時間3月31日にも、中国のApple Storeで「iPhone」下取りプログラムを開始する予定だという。Bloombergが計画を知る情報筋らの話として報じた。Apple Storeの店員が端末の価値を査定し、Apple製品に利用できるクーポンを顧客に提供するという。

 Bloombergによると、iPhoneを顧客から買い取るのはAppleではなくFoxconnだという。Foxconnは端末を修理し、自社のEコマースサイトやAlibabaの「淘宝網(Taobao)」ストアなどで販売すると、Bloombergの情報筋らは述べている。Foxconnは、将来的にはオンラインでも下取りサービスを開始する可能性があると、記事には記されている。

 中国はAppleにとって重要な市場である。同社の2015年度第1四半期の総売上高746億ドルのうち、161億ドルは中国でのものだった。Appleの中国における売上高は前年同期比で20%増加しており、2014年第3四半期からは66%増加している。

 FoxconnとAppleにコメントを求めたが、どちらからも回答は得られなかった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加