logo

フォトグラファーが「Galaxy S6 edge」を徹底検証--F1.9、約1600万画素の実力とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Molbile World Congress(MWC)に先駆けたイベント「Samsung Galaxy Unpacked 2015」でスマートフォン「Galaxy S6」と「Galaxy S6 edge」が発表された。すでに日本のウェブサイトでも製品が紹介されており、間もなく日本でも登場する見通しだ。

Galaxy S6 edgeは、ガラス製エッジが両サイドでカーブする特長的なデザイン
Galaxy S6 edgeは、ガラス製エッジが両サイドでカーブする特長的なデザイン

 いずれも5.1インチの高解像度ディスプレイを装備し、CPUにはExynos 7420(64-bit、14nm)、オクタコア(2.1GHz Quad+1.5GHz Quadの8コア)を搭載する。OSは最新のAndroid 5.0 Lollipopだ。

 デザイン面にも力を入れている。中でもGalaxy S6 edgeは、ガラス製エッジが両サイドでカーブする特長的なデザインだ。また、カメラ機能が飛躍的に向上しているのも特長の一つ。今回は、一足先にGalaxy S6 edgeを使い、フォトグラファーの津島隆雄氏によるカメラ機能にフォーカスしたレビューをお届けする。

「Galaxy S6 edge」のカメラ部。約1600万画素の1/2.6インチ高画素センサ、F値1.9の明るいレンズを搭載する
「Galaxy S6 edge」のカメラ部。約1600万画素の1/2.6インチ高画素センサ、F値1.9の明るいレンズを搭載する

 Galaxy S6およびGalaxy S6 edgeは、約1600万画素の1/2.6インチ高画素センサを搭載し、レンズF値は1.9と非常に明るいレンズを備える。手振れ補正は光学式+電子式を採用している。また、フロントカメラは約500万画素で同様にF1.9の明るいレンズが採用されている。明るいレンズにより、夜景などの暗い場所でも被写体を明るく捉えられるため、セルフィー(自分撮り)で明るくきれいな写真を撮影できる。

 開放F1.9は大変明るいレンズである。S5はリアカメラF2.2、フロントカメラF2.4だったが、今回はフロント/リア共にF1.9であり、何かと比較されることの多いiPhone 6/iPhone 6 PlusのF2.2よりも明るいレンズを採用している。

 スマートフォンのカメラの場合、F値は固定なので、F1.9という明るさがあると暗い場所ではより高速なシャッターが切れるため、手振れや動体ブレがしづらい。またマクロで寄った場合は背景のボケを得ることもできるのだ。

 百聞は一見にしかずで、まずはGalaxy S6 edgeで撮影した写真を紹介したい。なお、拡大すると撮ったままのデータが見られる。ファイルサイズの大きさに注意してほしい。

Eixfデータ(Galaxy S6 edgeで撮影):F1.9 1/1000 ISO 40 WB/オート、カメラモード/自動/HDRオート(拡大画像:約3.75Mバイト)
Eixfデータ(Galaxy S6 edgeで撮影):F1.9 1/1000 ISO 40 WB/オート、カメラモード/自動/HDRオート(拡大画像:約3.75Mバイト)
Eixfデータ(iPhone6で撮影):F2.2 1/1100 ISO 32 WB/オート、カメラモード/自動/HDRオート(拡大画像:約3Mバイト)
Eixfデータ(iPhone6で撮影):F2.2 1/1100 ISO 32 WB/オート、カメラモード/自動/HDRオート(拡大画像:約3Mバイト)

 1600万画素(5312px×2988px、16:9)の写真は、本体の5.1インチ2560×1440ドットの画面で見ると、まず高精細な画像に驚かされる。これがスマートフォンのカメラなのかと思うほどだ。もちろんスマートフォンの画面だけでなく、PCで鑑賞しても十分な高解像度の写真である。

 参考までに、同条件でのiPhone 6の写真も紹介する。iPhone 6は約800万画素で、F2.2のカメラである。こちらも十分にきれいな写真なのだが、同条件で撮影するとiPhoneの方がやや暗く写る場合が多い。もちろん、iPhoneでも画面をタップして露出をコントロールすればよいのだが、テクニック的なことを気にせず、気軽にきれいな写真を撮影できるのは便利だ。

 なお、カメラの起動時間は0.7秒と速い。また、アプリを起動中でも、ホームボタンをダブルタップすれば素早くカメラが起動できる。

Eixfデータ(Galaxy S6 edgeで撮影):F1.9 1/2000 ISO 40 WB/オート、カメラモード/自動/HDRオート(拡大画像:約5.23Mバイト)
Eixfデータ(Galaxy S6 edgeで撮影):F1.9 1/2000 ISO 40 WB/オート、カメラモード/自動/HDRオート(拡大画像:約5.23Mバイト)

 カメラ起動が速いので、シャッターチャンスにも素早く反応できる。カメラアプリを起動している間にシャッターチャンスを逃して悔しい思いをすることが少なくなるだろう。

Eixfデータ(Galaxy S6 edgeで撮影):F1.9 1/1400 ISO 40 WB/オート、カメラモード/自動/HDRオート(拡大画像:約2.49Mバイト)
Eixfデータ(Galaxy S6 edgeで撮影):F1.9 1/1400 ISO 40 WB/オート、カメラモード/自動/HDRオート(拡大画像:約2.49Mバイト)
Eixfデータ(Galaxy S6 edgeで撮影):F1.9 1/480 ISO 40 WB/オート、カメラモード/自動/HDRオート(拡大画像:約4.39Mバイト)
Eixfデータ(Galaxy S6 edgeで撮影):F1.9 1/480 ISO 40 WB/オート、カメラモード/自動/HDRオート(拡大画像:約4.39Mバイト)
Eixfデータ(Galaxy S6 edgeで撮影):F1.9 1/35 ISO 80 WB/オート、カメラモード/自動/HDRオート(拡大画像:約5.13Mバイト)
Eixfデータ(Galaxy S6 edgeで撮影):F1.9 1/35 ISO 80 WB/オート、カメラモード/自動/HDRオート(拡大画像:約5.13Mバイト)
Eixfデータ(Galaxy S6 edgeで撮影):F1.9 1/35 ISO 50 WB/オート、カメラモード/自動/HDRオート(拡大画像:約5.08Mバイト)
Eixfデータ(Galaxy S6 edgeで撮影):F1.9 1/35 ISO 50 WB/オート、カメラモード/自動/HDRオート(拡大画像:約5.08Mバイト)
Eixfデータ(Galaxy S6 edgeで撮影):F1.9 1/100 ISO 50 WB/オート、カメラモード/自動/HDRオート(拡大画像:約5.27Mバイト)
Eixfデータ(Galaxy S6 edgeで撮影):F1.9 1/100 ISO 50 WB/オート、カメラモード/自動/HDRオート(拡大画像:約5.27Mバイト)
Eixfデータ(Galaxy S6 edgeで撮影):F1.9 1/10 ISO 1000 WB/オート、カメラモード/自動/HDRオート(拡大画像:約5.95Mバイト)
Eixfデータ(Galaxy S6 edgeで撮影):F1.9 1/10 ISO 1000 WB/オート、カメラモード/自動/HDRオート(拡大画像:約5.95Mバイト)
Eixfデータ(Galaxy S6 edgeで撮影):F1.9 1/11 ISO 200 WB/オート、カメラモード/自動/HDRオート(拡大画像:約4.89Mバイト)
Eixfデータ(Galaxy S6 edgeで撮影):F1.9 1/11 ISO 200 WB/オート、カメラモード/自動/HDRオート(拡大画像:約4.89Mバイト)
Eixfデータ(Galaxy S6 edgeで撮影):F1.9 1/10 ISO 320 WB/オート、カメラモード/自動/HDRオート(拡大画像:約5.77Mバイト)
Eixfデータ(Galaxy S6 edgeで撮影):F1.9 1/10 ISO 320 WB/オート、カメラモード/自動/HDRオート(拡大画像:約5.77Mバイト)
Eixfデータ(Galaxy S6 edgeで撮影):F1.9 1/10 ISO 1000 WB/オート、カメラモード/自動/HDRオート(拡大画像:約3.58Mバイト)
Eixfデータ(Galaxy S6 edgeで撮影):F1.9 1/10 ISO 1000 WB/オート、カメラモード/自動/HDRオート(拡大画像:約3.58Mバイト)
Eixfデータ(Galaxy S6 edgeで撮影):F1.9 1/13 ISO 200 WB/オート、カメラモード/自動/HDRオート(拡大画像:約3.4Mバイト)
Eixfデータ(Galaxy S6 edgeで撮影):F1.9 1/13 ISO 200 WB/オート、カメラモード/自動/HDRオート(拡大画像:約3.4Mバイト)
Eixfデータ(Galaxy S6 edgeで撮影):F1.9 1/10 ISO 500 WB/オート、カメラモード/自動/HDRオート(拡大画像:約6.2Mバイト)
Eixfデータ(Galaxy S6 edgeで撮影):F1.9 1/10 ISO 500 WB/オート、カメラモード/自動/HDRオート(拡大画像:約6.2Mバイト)

 基本的に何もすることなく自動モードでここまで撮影できる。仕上がりを見ると、改めてカメラ機能のすごさとこれがスマートフォンのカメラだということに驚かされる。特に暗いシーンでの高画質と優秀な手振れ補正はすばらしい。

-PR-企画特集