Facebook、360度動画を「Oculus Rift」と「News Feed」でサポートへ

Nick Statt (CNET News) 翻訳校正: 編集部2015年03月26日 09時31分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookは米国時間3月24日、「F8」開発者会議の詳細情報をモバイル通知でうっかり発信した際に、同社が新たに提供する「テレポートステーション」について触れていた。

 Facebookは25日、この球体動画について発表した。このインタラクティブなショートフィルムは、都市や建造物などの場所を360度の角度で見渡すことができるものだ。Facebookによると、これらの動画は24台の高解像度カメラによって撮影されているという。同社はライブの球体動画についても実験中である。

 Facebookは、このようなインタラクティブな映像を、「News Feed」だけでなく「Oculus Rift」ヘッドセットにも導入すると述べている。Oculus Riftは、3Dの世界をシミュレーションするゴーグル型製品だ。Facebookは開発元のOculus VRを2014年に買収している。Oculus Riftを装着したユーザーは、完全没入型のVR環境で、別の場所に「テレポート」することができるようになる。

 Facebookの最高経営責任者(CEO)を務めるMark Zuckerberg氏は、14億人のユーザーがFacebookで共有するものの種類が、テキストや写真から動画へと移行しつつあると述べた。単なる動画を超えて、仮想現実(VR)やいわゆる拡張現実(AR)、あるいは日常的な風景への3D映像のオーバーレイが、次の最先端分野になると同氏は見ている。

 Facebookは球体動画で、同社のVRプラットフォームのゲーム以外の最初の具体的な使用事例の概要を示し、このような種類の動画がFacebook上で存続し、共有できるという概念を開発者らに示した。

提供:Nick Statt/CNET
提供:Nick Statt/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加