logo

新「MacBook Pro Retinaディスプレイモデル」レビュー--13インチ、「Force Touch」トラックパッド搭載 - (page 3)

Dan Ackerman (CNET News) 翻訳校正: 石橋啓一郎2015年03月26日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 物理的なクリック機構のない、感圧式のトラックパッドを試した企業は過去にもあった。たとえば、数年前にSynapticsが「Windows 8」とともに導入した「ForcePad」がそうだ。

 MacBook AirよりもMacBook Proを選ぶ大きな理由の1つに、Retina displayがある。1080pを超える解像度のディスプレイは一般的になってきており、一部のWindowsノートはMacBook Proよりも高い解像度を持っている。まだ珍しいものの、ノートPCが4Kの解像度を持つディスプレイを搭載し、タッチ機能も備えている場合もある。

 2560×1600ピクセルの解像度は、13インチディスプレイには十分以上であり(15インチMacBook Proは2880×1800)、今では2012年に登場したときほどの圧倒的なセールスポイントとは言えないものの、Retina displayはクリアで明るく、色鮮やかだ。

接続ポートと性能

 発売予定の12インチMacBookに1つしかポートがないことには不満の声が上がっているが、MacBook Proシリーズを見れば、Appleが小さなノートに多くのポートを詰め込むこともできることがわかる。Thunderbolt 2とMini DisplayPortの兼用ポートを数に入れてよければ、これとHDMIを合わせて、MacBook Proは、3つのビデオ出力を備えていることになる。MacBook ProにはUSBポートとSDカードスロットもあるが、12インチMacBookにはUSB Type-Cのポートが1つあるだけだ。

接続ポート
ビデオHDMI×1、Mini DisplayPort/Thunderbolt 2×2
オーディオステレオスピーカ、ヘッドホン出力・マイク入力のコンボジャック
データ出力Thunderbolt×2、USB 3.0×2、SDカードリーダー
ネットワーク接続802.11ac Wi-Fi、Bluetooth 4.0
光学ドライブなし

 MacBookシリーズの中でも、特にMacBook Proの各モデルは、より高速なCPUのオプションが用意されており、RAMも大きく、ベンチマークテストでもよい成績を収めている。この2015年モデルでは、Intelの第5世代Core iシリーズであるBroadwellのプロセッサを採用している。今回のレビューで用いたCore it-5257Uではアプリケーション性能はそれほど向上しなかったが、これは予想通りだ。

 これらの新型CPUではエネルギー効率が向上しており、これがバッテリ持続時間の改善につながっている。ベンチマークでは、この新型と2014年の15インチMacBook Proがもっともよい成績を収めたが(2014年の15インチMacBook Proは、旧型だがより強力なCore i7プロセッサと、2倍の16GバイトのRAMを搭載している)、このシステムに搭載されている、Appleがより高速だと主張しているストレージドライブは、Photoshopのテストではあまり効果がなく、他のBroadwellを採用したノートや、2014年のMacBook Airとほとんど変わらなかった。

提供:Sarah Tew/CNET
提供:Sarah Tew/CNET

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]