logo

アップルがクアッドコプターをもし作ったら--ドイツ人デザイナー公開のコンセプト「Apple Drone」

Amanda Kooser (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2015年03月25日 11時34分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 次の大規模なAppleイベントの幕が閉じようとしているところを想像してほしい。ボタンダウンシャツの裾をズボンから出したTim Cook氏が壇上に戻ってきた。手には、白色のコントローラを握っている。観衆は沈黙する。Cook氏が「最後にもう1つ(One more thing)」と言うと、ブーンと音を立てるガジェットが劇場の後方から現れて、観衆の頭上を飛ぶ。「Apple Drone」を紹介しよう。

 Apple Droneは現実のものではない。グラフィックデザイナーのEric Huismann氏が創造したコンセプトだ。Huismann氏は飾り気がなく、洗練されたクアドロコプターをデザインした。曲線、白色と黒色のカラースキームはAppleの製品美学と調和する。有名なAppleロゴは、機体の中心に描かれている。

 Huismann氏がJony Ive氏を意識してデザインしたドローンは、脚の部分に4台の「iSight」カメラを備える。これらのカメラは4K動画を記録することが可能で、動画手ぶれ補正機能によって、驚くほど美しい映画品質の映像を上空から撮影する。同氏は、すべてのカメラを同時に使用するパノラマモードも搭載した。

もし、Jony Ive氏がドローンをデザインしたら、このような感じになるのだろうか。
もし、Jony Ive氏がドローンをデザインしたら、このような感じになるのだろうか。
提供:Eric Huismann

 Huismann氏の想像の世界では、Apple DroneはHD動画をリアルタイムにユーザーのAppleデバイスにストリームする。ハンドヘルドコントローラに「iPhone」や「iPad」を直接マウントすることも可能だという。

このドローンのコンセプトはカメラを4台搭載している。
このドローンのコンセプトはカメラを4台搭載している。
提供:Eric Huismann

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集