logo

キャスタリア、ケニア・ストラスモア大学で「モバイルラーニング」実証実験へ

井指啓吾 (編集部)2015年03月20日 16時58分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 教育向けデジタルコンテンツのソリューションを開発するキャスタリアは、ケニア共和国ナイロビ市のストラスモア大学で、モバイルラーニングプラットフォーム「goocus pro」「goocus 3」を活用した実証実験を4月に開始する。

  • 実証実験を実施するための覚書に3月18日に調印した

 ストラスモア大学は、ビジネス、経済、IT、法律など幅広い分野の専門教育を提供する私立大学。1961年に設立され、14カ国以上から5000人近くの学生が在籍している。学内研究機関である@iLabAfricaでは、アフリカ東部の通信企業Safaricomの支援を受けて、モバイルアプリ開発人材育成のための施設「Safaricom Academy」を2011年から運営している。

 4月に始まる実証実験では、同施設で提供されているモバイルテレコミュニケーション・イノベーション修士課程プログラムの学生を対象として、学生がソーシャルにモバイルラーニングができる環境を提供する。

 当初は、同修士課程プログラムの「研究手法」「コンピュータ・グラフィクス」「ネットワーク・セキュリティ」「暗号学」の4つの授業が対象。教材は同学がすでに活用しているものを利用し、キャスタリアは教材のモバイル化を支援する。

 本実証実験を皮切りに、今後、同学の学士課程プログラムにもモバイルラーニングの導入を進める予定としている。

-PR-企画特集