logo

アップル「Force Touch」トラックパッドを体験--ダイビングボード構造がないのにクリック感

Dan Ackerman (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2015年03月23日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleの次期12インチ「MacBook」で最も話題になっている新機能の1つは、新しいタッチパッドだ。Appleは自社のタッチパッドをトラックパッドと呼ぶ。今回の新タイプは「Force Touch」トラックパッドだ。ほとんどのノートPCでは、ヒンジを取り付けて下方向にクリックする従来型のデザインが採用されているが、Force Touchはそれとは異なる新たなアプローチである。

 Force Touchトラックパッドは、新しいMacBookの発売日である米国時間4月10日まで待たなくても試すことができる。既に販売中のMacBookモデルの1つ、13インチ「MacBook Pro with Retina display」に搭載されているからだ。このアップデートされたばかりのモデルは、新しい第5世代のIntel「Core i」シリーズプロセッサや、高速化された内部フラッシュメモリも備える。

旧型MacBook Proにある可動式のトラックパッド
旧型MacBook Proにある可動式のトラックパッド
提供:Sarah Tew/CNET

 われわれは先ごろ、新しい13インチMacBook Proモデルを1台受け取り、その日の午前中を使ってForce Touchトラックパッドを試用し、従来型トラックパッドの複数のユーザーとともにテストを実施した。

 Force Touchトラックパッドでは上部のヒンジが廃止されている。従来のデザインだと、パッドのガラス表面を物理的に押し下げる必要があり、多くの場合、操作を適切に認識させるためには、パッドの下半分のどこかを押さなければならなかった。Force Touchトラックパッドでは、ヒンジに代わって4つのセンサがパッドの下の四隅に配置されている。「ダイビングボード(飛び込み台)」と呼ばれることもある従来のデザインが、シンプルで平らな表面のデザインに置き換えられた。

新しいMacBookのトラックパッドは下方向に沈まない。
新しいMacBookのトラックパッドは下方向に沈まない。
提供:Sarah Tew/CNET

-PR-企画特集