MS、「Windows 10」を「Android」端末に搭載する技術を開発--Xiaomi「Mi4」に提供

Lance Whitney (Special to CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 長谷睦 (ガリレオ)2015年03月19日 10時32分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftが、「Android」搭載のスマートフォンを「Windows 10」端末へと変える独自の技術を開発した。

 2015年夏の「Windows 10」リリース発表する一方で、Microsoftは米国時間3月17日、中国のモバイル端末メーカーXiaomi(小米科技)との契約についても明らかにした。この計画に従えば、XiaomiのAndroidスマートフォン「Mi 4」ユーザーの一部は、Microsoftへのフィードバック提供を目的に、「Windows 10」のテクニカルプレビューを同端末にインストールして試用できるようになる。

 では、どうすればAndroid端末にWindows 10をインストールできるのだろうか? TechCrunchの18日の報道によると、カスタムベースのROMを通じて行われるのだという。こうしたROM(読み出し専用メモリ)は、基本的にはオペレーティングシステム(OS)のインストール可能なイメージであり、端末の既存のOSをカスタマイズされたOSで上書きする際に利用されるケースが多い。

 TechCrunchの当初の記事には更新情報が追加されたが、この中でMicrosoftは、XiaomiのMi 4の所有者は自らの端末でWindows 10を「フラッシュ」できると認めている。

提供:CNET
提供:CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加