写真と映像で見るApple Watch--218万円の高級モデルを身に着けてみた

坂本純子 (編集部)2015年03月12日 09時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 リュウズの部分もゴールド。このリュウズは「Digital Crown」と呼ばれ、回すと画面のスクロールや写真の拡大/縮小などが行えるほか、押すとホーム画面に戻れる。

 リュウズの部分もゴールド。このリュウズは「Digital Crown」と呼ばれ、回すと画面のスクロールや写真の拡大/縮小などが行えるほか、押すとホーム画面に戻れる。

 アップルは3月10日、「Apple Special Event」を開催し、アップル初のウェアラブルデバイス「Apple Watch」の詳細を発表した。

 日本でも4月10日から予約注文を開始し、4月24日に発売する。日本でも記者向けに公開されたApple Watchを、写真や映像とともにお伝えしたい。

 価格は4万2800円(税別)から。大きく分けて「Apple Watch」と「Apple Watch Sport」「Apple Watch Edition」の3種類があるが機能はすべて同じ。違いは本体やバンドの素材だ。中でも最高級モデルのApple Watch Editionは価格は128万円(税別)からで、最も高い「38mm 18Kローズゴールドケースとローズグレイモダンバックル」と「38mm 18Kイエローゴールドケースとブライトレッドモダンバックル」モデルは218万円(税別)。

 実際に38mm 18Kローズゴールドケースとローズグレイモダンバックルモデルをつけてみた。高級感のある大きめのバックルはデザインのアクセントにもなっており、近づけるとマグネットでカチッとはまるのがポイントだ。上質なやわらかく薄いレザーで、着け心地もいい。

 もう一つの映像は、時計からホーム画面(小さく丸いアイコンがたくさんある画面)、時計のデザインの変更、ハートレートモニター、音楽の再生、メッセージの閲覧や返信のデモだ。

 注目は後半のメッセージの送信で、定例文やアイコン、音声を送信できるほか、同じApple Watchのユーザー同士ならば「Digital Touch機能」により、ディスプレイに絵を描いて送り合える「スケッチ」や本体に2本の指を画面に押し当てると、内蔵された心拍センサが心拍数を読み取って相手に送信できる「ハートビート」を楽しめる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加