logo

「Apple Watch」、一部の百貨店やブティックでも取り扱い

Dara Kerr Shara Tibken (CNET News) 翻訳校正: 編集部 緒方亮 高橋朋子 (ガリレオ)2015年03月10日 12時15分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは米国時間3月9日、ウェアラブルデバイス「Apple Watch」の新たな詳細を発表し、スペック、価格、販売場所に関する情報を明らかにした。同デバイスは、Appleの直営店とともに、一部の百貨店またはブティックでも購入可能となるようだ。

 3つのラインで展開されるApple Watchは、世界数カ国のAppleの直営店で4月10日から展示と事前予約が始まり、4月24日に発売となる。Appleの直営店では、専用の展示ケースで、異なるバンドとフェイスを組み合わせたカスタマイズ例のすべてを展示する。

 Apple Watchはそのほか、いくつかの百貨店でも販売され、パリのGaleries Lafayette、ロンドンのSelfridges、東京の伊勢丹が取り扱う。加えて、パリのcolette、ロンドンと東京のDover Street Market、ロサンゼルスのMaxfield、ベルリンのThe Cornerを含む世界主要都市のブティックでも販売が開始される。同製品はAppleのオンラインストアでも購入可能となる予定だ。

Appleは、自社スマートウォッチを直営店舗で専用のケースに入れて展示する予定だ。
Appleは、自社スマートウォッチを直営店舗で専用のケースに入れて展示する予定だ。
提供:Shara Tibken/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集