logo

アップル特別イベントは間もなく--「Apple Watch」など期待の発表内容を予想する

David Carnoy (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル 編集部2015年03月09日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleが米国時間3月9日にサンフランシスコで予定している「Spring Forward」イベントが間もなく開催される。われわれの予想をいま一度考えてみる(そして、修正する)絶好のタイミングだ。

 分かっているのは、このイベントが「Apple Watch」を中心としていることだ。Apple Watchは、「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」が発表されたのと同じ2014年9月のイベントで披露された。現在、Apple Watchについて判明していることは極めて少ない。米国での出荷が2015年4月に開始され、素材にアルミニウムとガラスを使用したエントリレベルの「Apple Watch Sport」の価格が349ドルということだ。

 9日のイベントが終わるころには、他にもある主な疑問の多くについて答えが得られているだろう。それらの疑問には、米国以外の地域での価格と発売日や上位機種およびアクセサリの価格などが含まれる。ミッドレンジのステンレススチール製Apple Watch(サファイアクリスタルで覆われたディスプレイを搭載)の価格はSportを大幅に上回るとみられており、18Kゴールド製の「Apple Watch Edition」に至っては高級宝石類並みの価格帯になる可能性もある。覚悟しておこう。

 Apple Watchの発売時(あるいは発売直前)に公開される新しいWatchアプリも先行披露されるはずだ。Apple Watchのバッテリ持続時間についても、より確実な情報が発表されるかもしれない。

 しかし、Apple Watchはある意味で古いニュースであり、それ以外に何か新しいものが発表されるのかということが重要だ。Appleのイベントでは、2つ以上の新製品が発表されることが多い。3つ以上発表されることもある。今回もそうなるのではないだろうか。以下では、発表される可能性がある新製品をいくつか紹介する(ここでは、最近になって「可能性がある」から「あり得ない」のカテゴリに移った項目もいくつか含めている)。

新型「MacBook Air」

 「Retina display」を搭載する新型MacBook Air(とMacBook Airシリーズ全体の刷新)の発表を待ちわびている人は、ついにその願いが叶うかもしれない。The Wall Street Journalの報道によると、サプライヤー各社は「大量」の新しいRetina搭載MacBook Airを第2四半期に出荷することを目指しているという。

 MacBook Airシリーズのデザインは何年も前からあまり変わっておらず、アップデートすべき時期になっている。最も広まっているうわさは、現行の11インチMacBook Airに近いサイズの筐体に、12インチ(程度)のスクリーンが搭載される、というものだ。サムスンが先ごろ発表した「ATIV Book 9」や、Dellの洗練された新モデル「XPS 13」のような製品と考えるといいだろう。XPS 13はスクリーンのベゼルが極めて薄く、Intelの最新CPU「Broadwell」を搭載する。

12.9インチの「iPad Plus」

 うわさによると、Appleは大型「iPad」を開発していたが、「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」の需要が非常に旺盛だったため、Appleのサプライヤーに大型iPadを製造する余裕がなかったという。大型iPadのうわさは根強いが、Bloombergは先日、「12.9インチスクリーンのiPadの生産は現時点において、9月頃に開始される計画になっており、延期の理由には、ディスプレイパネルの供給に関連する遅れが含まれている」と匿名の情報筋の話として報じた。つまり、これは、9日には登場しないことを意味する。

Appleは米国時間3月9日、新製品Apple Watchの発売日と出荷日を世界に向けて発表するとみられている。
Appleは米国時間3月9日、新製品Apple Watchの発売日と出荷日を世界に向けて発表するとみられている。
提供:James Martin/CNET

-PR-企画特集