logo

アップル、英シンセソフト開発企業Camel Audioを買収か

Don Reisinger (Special to CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)2015年02月25日 13時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 英政府機関の書類によると、Appleは小規模なオーディオ開発企業Camel Audioをひそかに買収した可能性がある。

 英国の企業登記局であるCompanies Houseが現地時間2月24日に公開したCamel Audioの新住所は、Appleの英国本社の住所と一致している。加えて、Camel Audioの取締役がHeather Joy Morrison氏に変更されている。Morrison氏は、自身の「LinkedIn」ページによると、Appleの「iTunes」プラットフォームの欧州担当シニアカウンセルを務めているという。

 MacRumorsは、Companies Houseを通じてCamel Audioの文書に加えられた変更を引用して、この件を報じていた

 英国を本拠とするCamel Audioは、「Alchemy」を含むバーチャルシンセサイザーとサウンドエフェクトのソフトウェア群を提供している。

 Camel Audioは2015年1月、ショップを閉鎖すると唐突に発表し、ウェブサイトをサポートページにリダイレクトした。同社は1月に出した声明で閉鎖の理由を明らかにしなかったが、顧客に向けて「(バーチャルな)楽器類、エフェクトのプラグイン、サウンドライブラリを開発する取り組みにおいて、当社が長年にわたり受けてきた支援」に謝意を述べていた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集