グーグルのメールアプリ「Inbox」、タブレットに対応--Firefox、Safariでも利用可能に

Lance Whitney (Special to CNET News) 翻訳校正: 中村智恵子 福岡洋一 (ガリレオ)2015年02月20日 10時24分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間2月19日のブログで、電子メールアプリケーション「Inbox」が「iPad」および「Android」タブレットに対応したことを明らかにした。これまでInboxは、Googleの「Chrome」ブラウザからウェブを通じて利用することはできたが、アプリは「iPhone」およびAndroidスマートフォン向けに限定されていた。今回のiPad対応バージョンはAppleの「App Store」から、Androidタブレット対応バージョンは「Google Play」からダウンロードできる。

 その他の変更点として、「Firefox」および「Safari」ブラウザからもInboxにアクセスできるようになった。

 2014年10月に発表されたInboxは、「Gmail」とは異なるGoogleの新しい電子メールプログラムだ。Inboxは、メッセージを従来のようなフォルダに入れるのでなく、バンドル(Bundles)と呼ばれるカテゴリでグループ分けして表示する。重要と考えられるメールは受信ボックス内の1つのバンドルに置かれ、ソーシャル、旅行など、特定分野に関連したメールは別のバンドルに置かれる。全てのメールをソフトウェアに整理させ、ユーザーの手間を省くことが目的だ。

 Inboxは現在も招待制となっており、利用するにはinbox@google.comへの申し込みが必要だ。

提供:Google
提供:Google

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加