logo

一眼レフEOSに新エントリーモデルも--キヤノン、2420万画素「Kiss X8i」「8000D」

坂本純子 (編集部)2015年02月06日 13時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 キヤノンは2月6日、デジタルカメラ新製品を発表した。エントリークラスの一眼レフカメラは、EOS Kiss X7iの後継モデルで、30~40代ファミリー層をターゲットにした「Kiss X8i」と、30歳以上の男性をターゲットにしたプレミアムエントリーモデル「8000D」がラインアップする。いずれも4月に発売予定だ。

「8000D」
「8000D」
「Kiss X8i」
「Kiss X8i」

 いずれも2420万画素、映像エンジンに「DIGIC 6」を採用し、エントリークラスとしては史上最高の高画質を誇る。また、上位機種 EOS 70Dで搭載するオールクロス16点AFを、新・測光システムとして7560万画素 IR AEセンサ(近赤外光検知、フリッカー検知)、新EOSシーン解析システム、位相差AFの精度が向上したハイブリッドCMOS AF IIIを搭載する。EOS Kiss X7と比べて、ライブビュー撮影時のAF速度は約4.8倍に高速化しているという。

 さらに、Wi-FiとNFCにを内蔵し、スマートフォンにも簡単に無線LAN接続できるようになったほか、同日発表されている「Connect station CS100」にも対応。タッチするだけで画像を保存し、テレビで鑑賞できる。

 Kiss X8iと8000Dの一番の違いはデザインで、8000Dは中級機と同様にモードダイヤルは左肩に配置するほか、上部に液晶表示パネルを装備する。ファインダや背面パネルに情報を表示させなくても、撮影設定を素早く認識できる中級機のエッセンスをコンパクトにまとめ、堅牢感と信頼感のあるデザインに仕上げている。

 機能としては、8000Dのみ動画デジタルズームとHDR動画に対応するほか、ライブビュー時のサーボ連写でピンとを合わせ続けながら最高約3コマ/秒の連続撮影が可能。ファインダーや液晶モニタに水準器を表示できるほか、撮影時の「歪曲収差補正」に対応し、付属のアプリケーションでRAW現像する手間なしに自動補正ができるようになっている。ラインアップと価格は下記のとおり。

エントリークラス一眼カメララインアップ
製品名発売予定日価格
EOS 8000D・ボディ2015年4月下旬9万7800円
EOS 8000D・18-135レンズキット2015年4月下旬13万4800円
EOS 8000D・ダブルズームキット2015年4月下旬13万4800円
EOS Kiss X8i・ボディ2015年4月下旬9万2800円
EOS Kiss X8i・18-55STMレンズキット2015年4月下旬10万1800円
EOS Kiss X8i・ダブルズームキット2015年4月下旬12万9800円

 なお、同日はミドルクラスの一眼レフカメラは、約50.6Mのフルサイズモデル「EOS 5Ds/EOS 5Ds R」が登場した。ほか、ミラーレスカメラ「EOS M3」、コンパクトカメラ、ファミリー向けビデオカメラ「iVIS」もラインアップする。

8000Dの上部
8000Dの上部
Kiss X8iの上部
Kiss X8iの上部
キヤノン、約50.6Mのフルサイズカメラ「EOS 5Ds/EOS 5Ds R」--ローパスレスも
キヤノン、ミラーレスカメラ「EOS M3」--AFは約3.8倍高速化、外付けEVFにも対応
キヤノン、光学50倍ズームから自撮りもできる「N2」まで、コンパクトカメラ全8機種
キヤノン、ファミリー向けビデオカメラ「iVIS」--Slow&Fast モーション撮影も
NFCで写真を転送、TVに表示も--キヤノン、写真ストレージ「Connect Station CS100」

-PR-企画特集