logo

ソニー、省スペースだけど高音質の55V型BRAVIA--プレミアムフルHDモデル

加納恵 (編集部)2015年02月02日 16時33分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「KDL-55W950B」

 ソニーは2月2日、液晶テレビ「BRAVIA」シリーズに55V型のフルHDモデル「KDL-55W950B」を追加した。大容量スピーカーボックスを搭載できるくさび形ボディで、高音質再生を実現する。発売は2月28日。想定税別価格は21万円前後になる。

 サイドが上から下にかけて広がるくさび形デザインを採用し、スピーカボックスの面積を確保。ウーファ2つ、トゥイータ2つを内蔵したロングダクトスピーカを採用することで、豊かな中低域と聞き取りやすいサウンドを再生する。独自のデジタル信号処理技術「ClearAudio+」も備え、自然でクリアな音をつくりだすことが可能だ。

 超解像エンジン「X-Reality PRO」に、「トリルミナスディスプレイ」と「X-tended Dynamic Range」を組み合わせた高画質設計を採用。すぐに電源をオンにできる「高速起動」や見たいコンテンツが簡単に選べる「番組チェック」など使いやすさにもこだわっている。

 地上、BS、110度CSデジタルチューナは2基搭載し、USB HDDを接続しての裏番組録画にも対応。リモコンは赤外線方式と無線のタッチパッドリモコンの2つを同梱する。サイズは高さ75.3cm×幅123.9cm×奥行き9.2cmで、重量約19.5kg(スタンド含まず)になる。

  • ロングダクトスピーカを本体下部に搭載

  • 下にかけて広がるくさび形デザイン

  • タッチパッドリモコンが付属する

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集