クアルコム、Q1は増収増益--通期見通し下方修正、「Snapdragon 810」受注状況など言及

Ben Fox Rubin (CNET News) 翻訳校正: 編集部2015年01月29日 13時16分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Qualcommは米国時間1月28日、同社の2015年通期見通しを下方修正し、大口顧客企業が主力デバイスでQualcomm製の新しい「Snapdragon 810」チップの採用を見送る見通しであると述べた。

 この情報が明らかになる数日前には、サムスンが次期「GALAXY S」スマートフォンでSnapdragon 810を採用せず、独自の「Exynos」チップを使用する計画であるとBloombergが報じていた。GALAXY Sは、3月に開催されるMobile World Congressで披露されるものと広く期待されている。Bloombergによると、サムスンのテストで同チップがオーバーヒートすることが明らかになり、サムスンが採用を見送ることになったという。これは、同チップについてここ数週間うわさされてきた問題だ。

 Qualcommは、大口顧客との取引を失う見通しと併せて、今回の下方修正の理由として、中国での価格競争を挙げている。

 Qualcommは28日、2015会計年度第1四半期(12月28日締め)の決算報告で、純利益が20億ドル(1株当たり1.17ドル)であったと発表した。これは、前年同期の19億ドル(1株当たり1.09ドル)からいずれも増加している。特別項目を除く1株当たり利益は1.34ドルで、前年同期の1.26ドルから増加した。売上高は前年同期比7%増の71億ドルだった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加