ソニー、Bluetoothで高音質のワイヤレススピーカ--LDAC対応機も

加納恵 (編集部)2015年01月22日 14時43分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは1月22日、Bluetoothスピーカに新製品「SRS-X55/X33/X11」(X55/X33/X11)を発表した。いずれもコンパクトなスクエアデザインを採用し、高出力を実現する。発売はX55/X11が2月21日、X33が3月14日になる。

  X55/X33には、ソニーが開発したBluetoothのコーデック「LDAC(エルダック)」を採用。現行のコーデックであるSBCに比べ、約3倍の情報を持ち、Bluetoothでのワイヤレス接続時でも高音質再生できることが特徴だ。LDAC対応機としては1月15日に発表された「ウォークマン ZX2」が発表されている。

 X55は、38mmのスピーカユニット2つと58mmのサブウーファ1つを組み合わせた2.1ch構成にデュアルパッシブラジエータを追加。現行機「SRS-X5」で20Wだった最大出力を30W(ACアダプタ使用時)へと引き上げるとともに、2chスピーカとサブウーファのバランスを変更し、音質を改善した。

 サイズは高さ118mm×幅221mm×奥行き51mmで、重量約1200g。ボディカラーはブラックとホワイトの2色を容易する。想定税別価格は2万5000円前後。

  • 「SRS-X55」

  • 背面にはUSB、オーディオ入力、電源など

  • 基本操作ボタンなどは天面に集約

 X33は、34mmのスピーカユニット2つと前後に配置したパッシブラジエータを内蔵したBluetoothスピーカだ。新スピーカユニットを搭載することで、ボーカルの音質を改善し、よりクリアな再生ができるようになった。持ち運びを考慮し、現行機の「SRS-X3」に比べ約20%の小型化を実現。高さ60mm×幅185mm×奥行き59mmで、重量約730g(X3は850g)となっている。ボディカラーはブラック、ホワイト、レッド、ブルーの4つ。想定税別価格は1万7000円前後になる。

 X55/X33はともに、音質劣化を抑えるデジタルアンプ「S-Master」と圧縮音源でも原音に近づけて再生ができる「DSEE」という2つの高音質技術を採用。ボタンひとつで広がり感ある音が得られる「SOUND」ボタンや独自の音楽設定「ClearAudio+」も備える。

  • 「SRS-X33」

  • 背面にはオーディオ入力など

  • 本体サイズは現行機に比べ約20%小型化した

 X11は、フルレンジスピーカと左右2つのパッシブラジエータを備えたコンパクトモデルだ。高さ61mm×幅61mm×奥行き61mmのキューブ型で、2つのスピーカを用意すれば、ステレオスピーカとして使える「Speaker Add」機能を装備。ステレオモードではなく、モノラルスピーカ2つとしても使える「ダブルモード」も追加した。

 重量は約215g。本体にはストラップホルダを備え、同梱のストラップと装着してフックなどに吊り下げて使用することもできる。ボディカラーはブラック、ホワイト、レッド、ピンク、ブルーの5色。ボディカラーに合わせたシリコンストラップが付属する。想定税別価格は9000円前後。

 いずれもリチウムイオン充電池で駆動し、約12(X55は約10)時間の再生に対応。microUSB経由で充電する。

  • 「SRS-X11」

  • 約6cm角のキューブデザイン

  • ストラップホルダがついている

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加