logo

シンガポール国立大学が米国にコワーキングスペースを新設--アジアとの“ハブ”目指す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シンガポールにあるスタートアップ企業向けのオフィスビル「Block 71」を運営する、シンガポール国立大学のインキュベーション事業「NUS Enterprise」らは、米国サンフランシスコに、コワーキングスペース「Block 71 San Francisco」を設立する計画を発表した。同施設の運営には、Block 71に引き続き、大手通信会社シングテルのインキュベーション事業「SingTal Innov8」、ベンチャーキャピタルの「Infocomm Investments」らも参画する。


シンガポールにある「Block 71」

 主な狙いは、シンガポールと米国、双方に存在するスタートアップを支援するエコシステムのつながりの強化。特に、シンガポール企業が、現地でビジネス機会を生み出す支援をすることで、企業にとって米国での事業拡大の足がかりとなる、いわゆる「セットアップショップ」として機能していきたい考え。一方で、米国の起業家や投資家に対しては、ネットワーキングイベントや専門家との対話などを通じて、シンガポールや東南アジアの市場についてより理解するための機会を提供していくという。

 同施設にはコワーキングスペースのほかに、ブレインストーミングをするための会議室、コミュニティイベントを開催するためのスペースなどが設けられる。今回の計画の背景について、SingTal Innov8のCEO Edgar Hardless氏は、「これまでシンガポールで、4年間に渡ってBlock 71を運営してきたが、米国の企業やベンチャー投資家が東南アジア市場にアクセスしようとする動きは着実に増えてきた。Block 71 San Franciscoは、より強力なエコシステムを築くためのシナジーを生み出すことに寄与するだろう」とコメントした。

 2014年4月、シンガポールのチャット・サポートソフトウェア企業Zopim Technologiesが、米国のカスタマーサービスソフトウェアプロバイダであるZendeskに買収された。Zopimは、NUS Enterpriseの海外派遣プログラムを通じて知り合ったメンバーによって設立された会社。こうしたことから、シンガポールのエコシステムがいよいよ結実のときを迎えつつあることがうかがえ、実際に米国のエコシステムと交わるケースが出始めていた。今回の計画はそれを後押しするものだろう。

-PR-企画特集