logo

米沢生産、500台限定のシリアル入りThinkPad--通常モデルも発売へ

坂本純子 (編集部)2015年01月14日 19時02分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Scroll Right Scroll Left

 レノボ・ジャパンは1月14日、NECパーソナルコンピュータの米沢工場におけるThinkPadのCTO生産開始を記念して14インチ薄型・軽量のUltrabook「ThinkPad X1 Carbon Japan Limited Edition」500台をウェブ限定で販売すると発表した。

 同日よりレノボ・ショッピングで先行優先予約の受付を開始しており、出荷は2月末を予定している。

「ThinkPad X1 Carbon Japan Limited Edition」
「ThinkPad X1 Carbon Japan Limited Edition」

 ThinkPad X1 Carbon Japan Limited Editionは、カーボンファイバーの特徴である編み込み柄の特殊な天板を使用し、キーボード面に「Japan Limited Edition」、ヒンジ部分に500台限定のシリアル番号を印字した日本限定の特別モデルだ。

 主な仕様は、ディスプレイは14インチWQHD(2560×1440)タッチ式IPS液晶パネル、OSはWindows8.1Pro、CPUは最新の第5世代インテル Core i7プロセッサ、8Gバイトメモリ、512 Gバイト PCIe SSDのストレージを搭載する。指紋認証ほか、特別モデル専用スクリーンセーバー、壁紙も搭載する。価格は税込みで22万8960円。

 なお、シリアル番号1番~3番のいずれかのThinkPad X1 Carbon Japan Limited Edition購入権と米沢事業場でのイベントへに招待する1泊2日の米沢旅行(ペア)が当たるキャンペーンを開催中だ。先行予約の申し込みと合わせて、このキャンペーンに応募する必要がある。

 なお、このほか標準モデルも発表されており、1月15日からレノボ・ショッピングで販売受け付けを開始する。CPUは第5世代インテル Core i7プロセッサまたは第5世代インテル Core i5プロセッサ、メモリは4Gバイトまたは8Gバイトが選べるほか、ストレージはOPAL2.0対応SSD(最大360Gバイト)やPCIe x4 SSD(最大512Gバイト)から選択可能。

-PR-企画特集