XperiaとPS4コントローラーをつなげる「GCM10」が1月24日発売

佐藤和也 (編集部)2015年01月15日 13時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ゲームコントローラーマウント「GCM10」(左)に、ゲームコントローラーのDUALSHOCK 4(右)
Scroll Right Scroll Left

ゲームコントローラーマウント「GCM10」(左)に、ゲームコントローラーのDUALSHOCK 4(右)

 ソニーマーケティングは1月15日、ゲームコントローラマウント「GCM10」を1月24日に発売することを発表した。市場想定価格は税別で3000円前後。

 これは東京ゲームショウ2014に参考出展された、XperiaとPS4用ゲームコントローラのDUALSHOCK 4をつなげて、PS4のリモートプレイをより楽しみやすくする専用アクセサリとなっている。XperiaとDUALSHOCK 4はBluetoothで接続。GCM10に電子的な機構はないため、これがなくてもXperiaとDUALSHOCK 4によるPS4のリモートプレイは可能だが、例えばベッドなどで横になりながらプレイするといった、家の中での利用をより便利にするアイテムとなっている。

GCM10にタブレットとDUALSHOCK 4を装着して、PS4のゲームをリモートプレイ
GCM10にタブレットとDUALSHOCK 4を装着して、PS4のゲームをリモートプレイ

 GCM10を使用してPS4のリモートプレイが可能な端末は、1月15日時点でXperia Z3(LTEモデル)、Xperia Z3 Compact(LTEモデル)、Xperia Z3 Tablet Compact(Wi-Fiモデル)の3種。スマートフォンやタブレットの装着は吸着方式となっており、おおむね8インチ以下のスマートフォンやタブレットに対応。そのため、10.1インチのXperia Z2 Tablet(Wi-Fiモデル)については、PS4のリモートプレイそのものは可能となっているが、安全性の面からGCM10については非対応としている。

 GCM10にタブレットとDUALSHOCK 4を装着させると、さながら携帯ゲーム機のような感じだ。GCM10を使用しなくてもリモートプレイは可能だが、画面を見やすい位置に設置するというところで一手間がかかり自由度が低くなる。家中どこでも、どんな姿勢でも楽しめるのは魅力だ。

 最大のポイントは操作感だろう。DUALSHOCK 4無しでタッチパネルによるバーチャルコントローラ操作も可能だが、やはり操作はしづらくなる。PS VitaでもPS4のリモートプレイは可能となっているが、一部の操作がタッチパネルなど別のところに割り当てられている場合がある。PS4用のコントローラであるDUALSHOCK 4での操作感覚は、当たり前といえばそうなのだが、PS4でプレイしているときと同じ。ゲーム好きであればあるほど操作感は重要であり、リモートプレイを活用する環境であるならば、価格面から見ても見逃せないアイテムとなっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加