logo

[ブックレビュー]働き方は多様化する--「普通の会社員がフリーランスで稼ぐ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ディスカヴァー・トゥエンティワン
詳細:単行本(ソフトカバー) / 184ページ / ディスカヴァー・トゥエンティワン / 価格:1512円 / 著者:田中美和 / 発売日:2014/09/26 / 外形寸法 (H×W×D):18.8cm×13.0cm×1.8cm / 重量:0.2 kg
内容:少し前まで専門職や特殊技能を持った人だけが対象だと思われていたフリーランス。しかしそうした時代は終わり、フリーランスとして働く職種は大きく広がっている。働く側にも会社側にもメリットをもたらす働き方とは?
Amazon.co.jpアソシエイト

 フリーランスとして働くことが、もはやクリエイティブ系の仕事などの限られた職種にとどまらなくなっているという。企画、広報、経理、人事などの文系総合職においても、その能力を必要としている会社があり、必要とされる能力を有していて、なおかつフリーランスという形式で働く方が都合がいい人たちがいる。

 本書では、決してフリーランスになることを奨励しているわけではない。フリーランスで働けるようになるには、それ相応の経験が必要であるし、タイムマネジメントや経理など、会社にいれば会社のルールに従っていれば良かった部分を自分で管理しなくてはならなくなる。それを分かった上で、家庭の都合などでやむを得ず会社を辞めるという選択をせざるを得なかった人や、フリーランスの働き方の方が向いていると思える人に、社員として働くのとは別の道があることを知らせるものだ。

 逆に一時的な人材不足や専門家不足を補うために、専門知識を持ったフリーランスの助けが必要な会社も多いようだ。相互のニーズがピッタリ合えば、これほど良い関係はない。そうした現状を知っておくと、働く側にも会社側にも、選択肢が広がるというメリットがあるのではないか。

-PR-企画特集