logo

ツイキャス、独自プラットフォームを展開--外部SNSと連携できるIDを付与

井指啓吾 (編集部)2014年12月04日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ライブ配信サービス「TwitCasting(ツイキャス)」を運営するモイが独自プラットフォーム展開を開始する。具体的には、外部のSNSに紐付けられるツイキャス独自のアカウント(ID)の提供を12月5日21時に開始し、写真・動画共有SNS「Instagram」に対応させる。

  • ツイキャス独自のIDを作成できるようになった

  • 外部SNSと紐付けられる

 独自IDは、英数字と「_」 の記号で4~18文字で設定できる。すでにTwitterで同じID が登録されている場合は、そのTwitterでログインしているユーザーのみが設定できる。取得したIDはInstagramのほか、TwitterとFacebookのアカウントにも紐付けられる。

 独自IDの取得方法は、「ツイキャス・ライブ」または「ツイキャス・ビュワー」のアプリを起動し、右下の「設定」をクリック。アカウントメニューのログアウトまたはログインをクリックし、ログイン画面の「その他の方法でログイン」を選択、その後「キャスアカウントを新規作成」を選ぶ。

 今回Instagramに対応することで、Instagramの写真を画面に映しながらライブ配信できるようになる。

  • Instagramと連携

  • Instagramの写真をライブ配信画面に映せる

  • 配信画面イメージ

 なお、同社がツイキャスの女性ユーザー668人を対象に実施したアンケートでは、40%以上がInstagramを利用しており、6秒間のループ動画サービス「Vine」の利用者はその約半数だったという。


ツイキャスの登録ユーザーは世界800万人以上。そのうち400万人は学生という

-PR-企画特集