logo

マツコ・デラックスの等身大アンドロイド「マツコロイド」--電通が開発

藤井涼 (編集部)2014年12月03日 07時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 電通と電通テックは12月2日、デジタルテクノロジを駆使したノンヒューマン・タレント開発事業「デジタレ」を開始したことを発表した。第1弾として、タレントのマツコ・デラックスさんをモデルにした等身大アンドロイド「マツコロイド」を、エーラボとナチュラルエイトの2社と共同開発した。

  • マツコ・デラックスさん(本人)

 マツコロイドは、アンドロイド研究の第一人者である大阪大学の石黒浩教授(エーラボ技術顧問)の監修のもと誕生した。マツコ・デラックスさん本人の忠実なアンドロイドを目指し、頭からつま先にいたる全身を型取りし、表情やしぐさ、癖なども研究した上でリアルに再現しているという。

 電通は11月、社内に「電通ロボット推進センター」を立ち上げており、今回の「デジタレ」も、新たなコミュニケーションコンテンツの開発に向けた同社グループならではのプロジェクトだと説明する。マツコロイドは、アンドロイドタレントとしてデビューした後、テレビ番組のほかイベントやCMでの出演を予定しているという。

-PR-企画特集