logo

欧州高速鉄道ユーロスター「e320」--2015年運行開始の新型車両を写真で見る

Andrew Hoyle (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2014年11月29日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 「Eurostar e320」を紹介しよう。これは2015年に新しく導入される17編成の1つで、Eurostarが10億ポンド(約15億7000万ドル)を投じて行う車両、路線、駅の強化の一環だ。

 Eurostarは、ロンドンからパリ、さらにその先を結ぶ鉄道サービス。もちろん英国と欧州本土の間には海があるが、Eurostarは全長31マイル(約50km)の英仏海峡トンネルを通って海中を走行する。

 英仏海峡トンネルは1988年に工事が開始され、1994年にようやく開通した。費用は46億ポンドだ。極めて野心的なプロジェクトだったが、開通したことで、飛行機やフェリーを利用しなくても、英国と欧州本土の間を短時間で快適に移動できるようになった。

 Eurostarは2014年、開業20周年を祝っている。それを祝う上で、真新しい車両の導入以上にふさわしい方法があるだろうか。

 ロンドンのセントパンクラス駅で開催された発表会で、われわれはe320の車内を見学した。

 「Eurostar e320」を紹介しよう。これは2015年に新しく導入される17編成の1つで、Eurostarが10億ポンド(約15億7000万ドル)を投じて行う車両、路線、駅の強化の一環だ。

 Eurostarは、ロンドンからパリ、さらにその先を結ぶ鉄道サービス。もちろん英国と欧州本土の間には海があるが、Eurostarは全長31マイル(約50km)の英仏海峡トンネルを通って海中を走行する。

 英仏海峡トンネルは1988年に工事が開始され、1994年にようやく開通した。費用は46億ポンドだ。極めて野心的なプロジェクトだったが、開通したことで、飛行機やフェリーを利用しなくても、英国と欧州本土の間を短時間で快適に移動できるようになった。

 Eurostarは2014年、開業20周年を祝っている。それを祝う上で、真新しい車両の導入以上にふさわしい方法があるだろうか。

 ロンドンのセントパンクラス駅で開催された発表会で、われわれはe320の車内を見学した。

提供: Andrew Hoyle/CNET

-PR-企画特集