給与計算ソフト「freee」に年末調整機能--煩雑作業を効率化

藤井涼 (編集部)2014年11月17日 12時39分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 freeeは11月17日、ワンクリックで給与額や保険料を把握できるクラウド給与計算ソフト「freee(フリー)」に、年末調整機能を実装したことを発表した。経理担当者は紙の配布・回収作業やデータの転記が不要になり、従業員は手書き、手渡しなどの作業の手間が削減されるため、年末調整業務を効率化できるとしている。

  • 「年末調整機能」のイメージ

 従来の年末調整のプロセスでは、「扶養控除申告書・保険料控除申告書」などの書類を従業員に配布、各自記入したのち、修正がある場合は紙でのやりとりが複数回必要だった。その後、経理担当者は給与計算ソフトに情報を転記する必要がある。また、従業員が記載する書類は複雑で、給与計算業務のない従業員にとってはどのように記載するべきか分からないなどの問題点があったと同社は指摘する。

 これに対し、クラウド給与計算ソフトfreeeでは、従業員自身が控除に関する情報を直接入力できるため、紙への手書き作業、書類の提出などの手間を削減できるとしている。また、難しい用語などを使わず、誰でも簡単に使えるユーザーインターフェースにすることで、給与計算業務の知識がない従業員でも、迷わず入力できるようにしたとのこと。なお、年末調整関連の保存義務のある書類には従業員の押印が必要となる。

 同機能の一部は今後公開される。年末調整額の計算機能が11月下旬、年末調整関連書類の出力機能が12月上旬になる予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加