グーグル、NASA所有モフェット連邦飛行場の賃借に合意--歴史的建造物の修復を約束

Richard Nieva (CNET News) 翻訳校正: 編集部2014年11月11日 13時36分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは同社の野心的なプロジェクトを「ムーンショット」と呼ぶのが好きだ。Googleは直近の不動産拡張に続き、NASAから用地を賃借することになった。

 NASAは米国時間11月10日、Google傘下のPlanetary Venturesにモフェット連邦飛行場をリースすることを明らかにした。モフェット連邦飛行場は、Google本社から約4マイル(約6.4km)にある広さ1000エーカー(約4平方km)の歴史的な飛行場だ。

 NASAのCharles Bolden長官は声明で、「NASAが宇宙での展開を拡大する中、われわれは地球上の活動拠点の縮小も順調に進めている」と述べた。

 NASAの発表によると、Googleは同飛行場を宇宙探査、航空、ロボティクスといった新興テクノロジに利用する計画だという。Googleは、用地の賃借料として今後60年間で11億6000万ドルを支払うことに合意し、敷地内にある歴史的な巨大飛行船格納庫の修復と復元を約束した。

 今回の合意は、Googleがこれまで注力してきた主要事業であり収益源である検索と広告以外のプロジェクトに対し、同社がかつてないほど大きくコミットしていることを強調する動きだ。同社の野心的なプロジェクトを数多く抱えており、一部は同社の研究部門「Google X」が運営している。その中には、3D表示技術、糖尿病患者向けのコンタクトレンズ、人々の平均寿命を延ばすための研究などがある。同社はほかにも、ロボティクス、インターネット接続を世界中に普及させるためのWi-Fi気球、自律走行車に取り組んでいる。

Googleは、モフェット連邦飛行場の巨大格納庫「Hangar One」を修復することをリース条件の一部として約束している。
Googleは、モフェット連邦飛行場の巨大格納庫「Hangar One」を修復することをリース条件の一部として約束している。
提供:James Martin/CNET

 Googleは、Silicon Valleyの大手企業の中でも、最も数多く研究成果を上げている企業の1社であり、その存在感が際立っている。Facebookなど、同業者のほとんどが、各社の事業モデルをさまざまな方法で国内外に展開することに注力している。一方、Googleは、これまでのところ、最も風変りなテクノロジに関するアイデアをいくつか追及してきた。

 不動産およびワークスペースサービス担当副社長のDavid Radcliffe氏は声明で、同社は同飛行場の歴史的建造物の復元に「張り切って」取り組むつもりだと述べた。Googleは、それ以上のコメントを控えた。

 さらに今回の合意は、Googleのベイエリアにおける用地拡大として最新の動きだ。Googleは10月、サニーベールとレッドウッドシティーに2件の大型不動産取得案件を成立あせている。これで、Googleがシリコンバレーに所有する土地は200万平方フィート(約19万平方メートル)を上回ると、The Silicon Valley Business Journalは報じていた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したもので す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加