MS、「Android」タブレット向け「Office」プレビュー版の利用申込受付を開始

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2014年11月07日 10時52分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間11月6日より、「Android」タブレット向け「Office」リリースプレビュー版の利用申し込み受け付けを開始した。Androidタブレット向けOfficeのテストコードは、申し込みが受理された人に1週間ほどで提供される予定だ、と関係者は述べた。

 同社関係者によると、Androidタブレット向けOfficeの一般公開は「2015年前半」になる予定だという。

 基本的な機能を備えるAndroidタブレット向けOfficeの消費者向けバージョンは、無料で提供される。「iPad」向けOfficeと同様、多くのビジネス向け機能が搭載されたバージョンを利用するには、「Office 365」サブスクリプションが必要だ。サブスクリプションを持たないユーザーもAndroidタブレット向けOfficeでコンテンツの閲覧と作成、および編集を行うことができるが、より高度な編集/作成機能へのアクセスや容量無制限の「OneDrive」ストレージの利用にはサブスクリプションが必要だ。


 Androidタブレット向けOfficeスイートには、「Word」と「Excel」、および「PowerPoint」が含まれる。Androidタブレット向け「OneNote」は、既に「Google Play」ストアで無料ダウンロード公開されている。

 Microsoftは、Androidスマートフォン向け「Office Mobile」リリースの刷新にも取り組んでいる。同リリースのルックアンドフィールをAndroidタブレット向けOfficeと一貫性のあるものにするためだ。具体的には、MicrosoftはOffice Mobileを個々のWordアプリとExcelアプリ、およびPowerPointアプリに分割する予定だ、と同社関係者は述べた。Microsoftは、現行の「iPhone」向け「Office Mobile」で全く同じことをしている。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加