logo

楽天、格安スマホに参入--ドコモのLTE網使った「楽天モバイル」

井指啓吾 (編集部)2014年10月29日 15時02分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 楽天グループのフュージョン・コミュニケーションズは10月29日、格安通話サービス「楽天モバイル」の提供を開始した。NTTドコモのLTE網を利用したMVNO(仮想移動体通信事業者)として、SIMフリー端末と音声通話対応の格安SIMカードのセットと、音声通話対応の格安SIMカードのみの2サービスを提供する。

  • 「楽天モバイル」トップページ

 「楽天モバイル」のサービスに対応するSIMフリー端末の第1弾は、ASUS JAPANが10月28日に発表したスマートフォン「ZenFone 5」。一括購入価格は2万6400円で、支払方法はクレジットカードのみ。申込者には端末発売日の11月8日より順次に届く予定という。

  • 料金プラン

 SIMの契約プランは、月額1250円で利用できる最大通信速度200kbpsの「ベーシック」、月額1600円で2.1Gバイトの高速通信が可能な「2.1Gパック」、月額2150円で4Gバイトが利用できる「4Gパック」、月額2960円で7Gバイトの高速通信が可能な「7Gパック」の4つ。全プラン1年ごとの契約となる。

 なお、楽天の子会社バイバー・メディアが提供する無料通話・メッセージアプリ「Viber」、フュージョンが提供する格安電話アプリ「楽天でんわ」が端末にプリインストールされている。

◇ZenFone 5の機能、外観
ASUS、SIMフリースマホ「ZenFone 5」とウェアラブル「ASUS ZenWatch」発表
写真で見るASUSのSIMフリースマホ「ZenFone 5」--開封から設定、第一印象まで

-PR-企画特集