logo

“もの”を生み出す交流の場に--朝日メディアラボ「渋谷・原宿」新拠点

井指啓吾 (編集部)2014年10月30日 08時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 朝日新聞社メディアラボは10月1日、オープンイノベーションを加速させる新拠点として渋谷オフィスを開設した。明治通りに面したビルの4階で、広さは築地オフィスの約2倍。「ホームオフィス」をコンセプトに、階段状の本棚や、3つを合わせると大円卓になるテーブル、ゆったりと打ち合わせができる畳部屋などを配置。オンとオフがゆるやかにつながる空間を作った。


朝日新聞社メディアラボ渋谷オフィス
  • 階段状の本棚。座って仕事ができる

  • 奥が畳部屋。くつろげるスペース

  • 作業に集中できそうなデスク

  • ミーティングスペース。手前はスタッフ用のロッカー

  • 赤絨毯の広々としたスペース。リラックスして作業をしたり、ミーティングをしたりできる

  • オフィスの隅には独立したミーティングルームも

 新オフィスは渋谷と原宿の真ん中辺り。オフィスの裏にはキャットストリートが通っており、おしゃれな若者が多く行き交う。「デベロッパーが集まる渋谷とクリエイティブな原宿の間で、新しいものを生み出すのに最適な場所。IT業界関係者も多いので、ふらっと立ち寄ってもらいたい」とプロデューサーの竹原大祐氏は話す。

 開設から約1カ月、メディアラボのメンバーが、知り合いづてでオフィスに訪れたプログラマーと熱い議論を交わしたり、場所を提供していたIT業界の勉強会に飛び入り参加したりするなど、すでに多くの交流が生まれている。10月18日と25日には、「ニュースの新しい読み方、楽しみ方」をテーマに新サービスの開発を競うハッカソンも開かれ、エンジニアやディレクター、報道関係者など約130人が詰めかけた。

 これまでとは異なる環境に浸かることで、新たなチャレンジに必要な“感覚”を養う狙いもある。メディアラボでは、映画レビューアプリ「Filmarks(フィルマークス)」の運営企業つみきに出資するなど、エンターテインメントを軸とした動きも見せている。「いまの我々には“感覚”が必要。“場所”はとても大事」(竹原氏)。

 室長補佐の勝田敏彦氏は「(新オフィスの場所は)築地でも銀座でもいいと思っていた。しかし実際にここに来てみると良い場所だと感じる」と語り、「どこまで成果を出せるか試されている。なるべく早く渋谷オフィス発の企画やサービスを出していきたい」と決意を新たにした。


左から、メディアラボ室長補佐の勝田敏彦氏、プロデューサーの竹原大祐氏、デザイナーの宮下洋輔氏、主査の鵜飼誠氏、同じく主査の白石健太郎氏

-PR-企画特集