logo

アップル、NFCの用途拡大に向け協議か--キーレスエントリーなど

Zack Whittaker (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2014年10月28日 09時07分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 新しい報道によると、Appleの非接触型決済サービス「Apple Pay」は、クレジットカードやデビットカードだけでなく、最終的には財布そのものにとって代わる可能性があるという。The Informationは米国時間10月27日の記事で、建物に対する非接触型のセキュアなアクセスを提供するHID GlobalとCubicの幹部らが、「iPhone」へのキーレスエントリー機能の搭載に関してAppleと協議していると報じた。

 10月中旬に米国で提供開始されたApple Payは、同社の最新端末「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」に搭載される近距離無線通信(NFC)を利用して、米国各地の多数の小売店で商品の支払いができるというものだ。

 その技術がまもなく、より多くの目的に活用される可能性があるとThe Informationは報じている。

 開発途上のこの分野において、Appleが拡大を狙っているというのは、まったく考えられない話ではない。

 Appleは最近、Starwood Hotelsとの提携を発表している。ホテル客室のドアロックをiPhoneや「Apple Watch」によって解除できるようにするというものだが、利用されるのはNFCではなく、Bluetoothである。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集