東芝、2014年PC秋冬モデル--録画番組のリモート視聴アプリを導入

佐藤和也 (編集部)2014年10月14日 16時07分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝は10月14日、2014年PC秋冬モデルの新商品として、録画番組のリモート視聴アプリを搭載したノートPCをはじめとした11機種23モデルを、10月17日より発売すると発表した。

  • ノートPCの上位モデル「T95」

 ノートPC「dynabook」シリーズは、4Kディスプレイを搭載した15.6型ワイド液晶搭載のタッチ対応プレミアムノートPC「T95」が登場 (店頭予想価格は税込で25万円台前半)。このほか、15.6型ワイド液晶搭載のタッチ対応スタンダードノートPC「T85」3色(店頭予想価格は税込で21万円前後)、15.6型ワイド液晶搭載のスタンダードノートPC「T75」4色(店頭予想価格は税込で19万円台半ば)、「T65」3色(店頭予想価格は税込で17万円前半)、「T55」3色(店頭予想価格は税込で15万円前後)もラインアップする。これらは10月17日より順次発売予定。また、11.6型ワイド液晶搭載のタッチ対応ノートPC「N51」(店頭予想価格は税込で9万円台後半)も11月中旬発売予定としている。

  • デスクトップPCの上位モデル「D81」

 デスクトップPC「REGZA PC」は、21.5型ワイドのタッチ対応液晶一体型AVPC「D81」(店頭予想価格は税込で24万円台後半)、21.5型ワイドの液晶一体型AVPC「D71」2色(店頭予想価格は税込で22万円台前半)、「D51」2色(店頭予想価格は税込で16万円台前半)。dynabookブランドの21.5型ワイド液晶一体型PC「D61」2色(店頭予想価格は税込で20万円台半ば)、「D41」2色(店頭予想価格は税込で15万円前後)をラインアップしている。こちらは10月24日より順次発売する。

 今回の秋冬モデルでの特徴は、録画番組を宅外からPCで視聴できるアプリ「TVコネクトスイート」をノートPC全機種に搭載したこと。今秋発売予定のレグザブルーレイやレグザサーバーに対応し、インターネット回線を通じてリモート視聴が可能となる。4月に規格承認されたリモート視聴機能をPCではいち早く投入したとしている。

 そのほか最新OS「Windows 8.1 Update」の採用に加え、視野角の広いIPS液晶搭載モデルの拡充を図っている。さらにT95とT85では高速ハイブリッドドライブを搭載。独自のキャッシングアルゴリズムを採用し、OSやアプリの起動、写真や動画などの大容量コンテンツの保存や表示が高速化されている。

 アプリでは写真管理の「思い出フォトビューア」の最新版(Ver.3.5)をプリインストール。位置情報が含まれた写真では地図が表示されたり検索機能を追加。ほかにも特定の写真の非表示設定、選択写真の外部ストレージ保存機能などが用意されている。また、料理写真に特化した派生バージョン「クッキングプラス」では、料理にコメントを付けて記録したり、外食した時のお店に評価を付けることができるという。

デジタル製品

PCの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加