「Apple Pay」設定画面、「iOS 8.1」ベータ2で見つかる--「iPad」向け画面も

Lance Whitney (Special to CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦 (ガリレオ)2014年10月09日 13時05分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「iOS」の開発者Hamza Sood氏が「iOS 8.1」のベータ2を詳しく調べたところ、Appleが「iPhone 6」の発表イベントで披露した新しい決済システム「Apple Pay」に関連した新たな画面がいくつか発見されたと、MacRumorsが報じている。これらの新しい画面には、Appleの「Passbook」アプリ内のApple Pay設定画面や、iOS 8.1の初期設定時のApple Pay設定画面のほか、「iPad」向けのApple Pay設定画面まであったようだ。

 Apple Payは、Appleにとって本格的なものとしては初となる、モバイル決済市場への取り組みだ。Appleによれば、米国では10月中にサービスが開始される予定で、すでに22万を超える店舗が対応しているという。

 Sood氏の発見によれば、iOS 8.1の最新ベータ版であるベータ2は、Apple Payの設定方法についてさらなる手がかりを与えるものだ。現行のPassbookアプリは店舗のクーポンなどを保存するためのものだが、このアプリにApple Payサービスの説明が表示されるようだ。説明に続いてリンクが提供されるので、ここからクレジットカードやデビットカードの番号を手動で入力したり、カメラを使って番号をデバイスに取り込んだりすることができる。

 さらにSood氏は、iPad向けのApple Pay設定画面も発見した。ただし現行のiPadシリーズには、他のNFC搭載デバイスと通信して決済を行うために必要なNFCハードウェアが搭載されていない。したがって、米国時間10月16日に発表されるとみられている次世代のiPadに、NFC技術が搭載される可能性がある。

 Apple Payを使用するには、セキュリティと認証を担う指紋センサー「Touch ID」も必要になる。現行のiPadにはTouch IDがないが、新しいモデルにはこの機能の搭載が予想されている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加