logo

キヤノン“置き撮り”ビデオカメラが長時間駆動になって新登場「iVIS mini X」

加納恵 (編集部)2014年10月02日 13時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「iVIS mini X」

 キヤノンマーケティングジャパンは10月2日、「置いて撮るカメラ」をコンセプトにした、コンパクトサイズのビデオカメラ「iVIS mini」に、長時間駆動を実現した新モデル「iVIS mini X(アイビスミニエックス)」を発表した。発売は10月16日。キヤノンオンラインショップでの税別価格は3万8800円になる。

 iVIS miniは2013年9月に発売された新コンセプトカメラ。バリアングル式の液晶モニタと水平から60度まで任意の位置で固定できる自立式スタンドを備え、自由な“置型スタイル”で撮影できることが特徴だ。第1弾モデルはキヤノンオンラインショップのみの取り扱いとなっていたが、iVIS mini Xはオンラインショップのほか、カメラ量販店などでも販売する。

 サイズは高さ30mm×幅82mm×奥行き109mmで、重量約240gとiVIS mini(高さ22mm×幅76mm×奥行き96mmで、重量約180g)に比べ若干大きくなったが、長時間駆動ができる大容量バッテリの採用により、従来約65分だった連続撮影時間を約160分まで長時間化。記録メディアもmicroSDカードから汎用性の高いSDカードに変更されるなど、使い勝手が向上した。

 1280万画素の1/2.3型CMOSセンサを内蔵し、約1200万画素の静止画とMP4形式による1920×1080 30p/24pの動画撮影が可能。新モデルからAVCHD形式にも対応し、1920×1080 60iでの動画撮影もサポートする。

  • 大容量バッテリとSDカードを採用する

  • 水平から60度まで任意の位置で固定できる自立式スタンド

  • バリアングル式の液晶モニタ

 本体にはノイズを抑え、小さな音までクリアに集音できる口径10mmのステレオマイクを装備する。外部マイクの接続にも対応するほか、ボリュームダイヤルでの入力レベル調整も備え、録音機能を充実した。AVCHD形式で24Mbps撮影時のみになるが、48kHz/16bitでのリニアPCM記録にも対応し、バンド練習やライブ収録といったシーンでも利用できる。

 MP4形式で録画すれば、上下反転記録や左右反転のミラーイメージ、最大4分の1倍速でのスローモーション記録、最大4倍速の倍速記録などにも対応する。

 iVIS mini同様にWi-Fiも備え、スマートフォンやタブレットに専用アプリ「CameraAccess plus」をインストールすれば、ライブストリーミングリモコンとして使用が可能。ライブビュー映像のチェックやリモート撮影ができる。撮影した映像は、タブレットやPCから視聴できるリモートブラウズ機能を搭載しているほか、ウェブブラウザ上で再生や保存もできる。別売のカメラパンテーブル「CT-V1」と組み合わせれば、ネット経由でペットの様子などをモニタリングでき、遠隔視聴にも最適だ。

 AVCHD形式で撮影した映像は、カメラ内部でMP4形式へとフォーマット変換できるトランスコード機能も内蔵。24/17Mbpsで撮影したMP4形式のデータのダウンコンバートにも対応する。

  • レンズ部にはスライド式のレンズカバーが付いており電源に連動して開閉する

  • 口径10mmのステレオマイクを装備

  • 裏面には三脚穴も設ける

-PR-企画特集