logo

マイクロソフト「Windows 10」、新しくなった部分とプレビュー版入手方法 - (page 2)

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 緒方亮 高橋朋子 (ガリレオ)2014年10月01日 09時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 さらにMicrosoftは今後数カ月以内に(筆者の予想では10月末にバルセロナで開催される「TechEd Europe 2014」において)、Windows 10とともに開発を進める新たな「Windows Server」およびシステム管理ツールについても情報を公開する。そして、2015年4月に開催の次回「Build」カンファレンスでは、Windows 10の開発事情についてさらに詳しく明かすと、この日のイベントで同社幹部は予告した。

 MicrosoftのOperating Systems Groupを統括するTerry Myerson氏は、9月30日に開催されたイベントの参加者らに対し、MicrosoftがWindows 10の正式版を2015年中旬までにリリースするつもりであることを述べた。

 Myerson氏や、MicrosoftのOSエクスペリエンスチームを統括するJoe Belfiore氏が初めてデモを公開した新機能のほとんどは、情報筋らによってこれまでにリークされていたものだった。新しい「Start Menu」、仮想デスクトップ、デスクトップ上のウィンドウ内で実行する「Metro」スタイルアプリはすべて、エンタープライズテクニカルプレビュー版に含まれている。チャームバーは現時点ではまだ、エンタープライズテクニカルプレビュー版に含まれているが、チャームのサポート方法は今後変更される予定であることをBelfiore氏は認めた。

 Microsoft幹部は2つの新機能をデモしており、そのひとつである新しい「Snap Assist」は、アプリを並べて「スナップ」することについてユーザーの手助けを目的としている。ユーザーは、Windows 10においてアプリを縦にも横にもスナップできるようになる。新しいタスクビューが、仮想デスクトップ間の切り替えに役立つだろう。

 そして、もうひとつの新機能は、Windows 10プレビュー版にはまだ組み込まれていない「Continuum」だ。Continuumは、キーボードの付け外しが可能な2-in-1デバイスのユーザーに対し、異なるモードへの移行をより容易にする。キーボードを外すとタスクバー上に戻るボタンが表示され、より簡単に切り替えができる。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]