logo

マイクロソフト「Windows 10」、新しくなった部分とプレビュー版入手方法

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 緒方亮 高橋朋子 (ガリレオ)2014年10月01日 09時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

UPDATE 「Windows」の次期バージョンについては、Microsoftによる発表に先立ち、多数の情報がリークされていたため、動向に注目し続けてきた人々が知らなかった情報はそれほど多くなかった。しかし、「Windows Threshold」として知られる同OSに関して、いくつかの最新情報がMicrosoft幹部らによって明らかにされた。

 まずは当然ながら、その名称だ。Microsoftは次期Windowsを、多くの人々が予想していた「Windows 9」ではなく、「Windows 10」と名付けた。これは、同OSがWindowsの最終メジャーバージョンとなる予定で、大規模なクロスプラットフォーム版になることを示したいとMicrosoftは考えたためだ。

 Windows 10のコアは、PC、タブレット、「Windows Phone」、そして将来的には「Xbox」でも動作する見込みだ。ユーザーインターフェースは各端末の種類に応じて調整されるが、これらのすべてのプラットフォームで動作するOS構成要素の共通コアが存在することになる。またWindows 10では、さまざまなアプリストアを整理統合する予定だと、Microsoft幹部は米国時間9月30日にサンフランシスコで開催したプレビューイベントの中で認めた。

 Microsoftは米国時間10月1日、preview.windows.comサイトを開設し、同OSのエンタープライズテクニカルプレビュー版を試用してみたいと考えるユーザーに対してダウンロード可能にする予定だ。プレビューサイトで登録すると、「Windows Insider Program」に参加することになる。Microsoftは今後数カ月間、同プログラムを通じて、初期テクニカルプレビュー版のアップデートを「Windows Update」経由で定期的に提供していく。Insider Program参加者は、好きな機能や嫌いな機能について、さまざまな形式でMicrosoftにフィードバックを提供することを求められる。

 エンタープライズテクニカルプレビュー版(「Build 9841」)は、x86マシン上でのみ動作する。Microsoftは、Windows 10のARM版のテストビルドをまだ公開していない。よりコンシューマー向けのプレビュー版を2015年初頭に公開する予定だとMicrosoft幹部らは述べた。

-PR-企画特集