割り込みトラブルで警察も出動--アップルストア銀座、「iPhone 6」に大行列

井指啓吾 (編集部)2014年09月19日 12時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アップルは9月19日の午前8時、iPhoneの最新モデルである「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」を発売した。アップルストア銀座には今回も大行列ができており、スタッフがハイタッチで一人ずつ迎え入れていた。

  • 開店直後、ハイタッチをしながら入店

  • 先頭に並んでいた2人

  • 開店から1時間が経った頃は、赤線で示したように待機列ができていた

 待機列はいくつかのグループに分けられ、中央通りを京橋方面に伸びていた。列の先頭集団は和やかな雰囲気だったが、後ろのほうでは、おそらく中国人とみられる人たちによる割り込みが多発した。アップルストアの店員が対応していたが、その後警察官も駆けつけた。

 中国人とみられる人たちが大挙して並んだのは、アップルが同日の発売国から中国を外したことが関係しているとの見方がある。日本のIT企業に勤めるある中国人男性によれば、新型iPhoneは2万元(日本円にして35万円ほど)で取引されることもあるという。

 実際に筆者が今朝の取材時、行列に沿って歩いた時には、声量の差があるかもしれないが、日本語や英語よりも中国語が多く聞こえた。また、前述した割り込みや、何者かに雇われて大人数で並んでいると見られるグループがいたことからか、列の後方では「在庫は足りるのか」と交通整理のスタッフに詰め寄っている人も見受けられた。

 これまでも何度か、iPhoneやiPadシリーズの発売時に同様の取材をしているが、今回のようなピリピリとした雰囲気を感じたのは初めてだ。

 また、9月18日夜には現場にいたあるTwitterユーザーが、転売を目的に日本語と中国語で書かれたiPhoneの買い取りチラシが配られているという写真付きの投稿をしていたが、当日の取材でチラシは入手できなかった。


アップルストア銀座、9時頃の様子
  • このエントリーをはてなブックマークに追加