logo

iOS 8で手書き日本語入力が可能に--MetaMoji、「mazec for iOS」を提供開始

坂本純子 (編集部)2014年09月18日 13時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MetaMoJiは9月18日、手書き日本語変換入力「mazec for iOS」の提供を開始した。価格は900円で、9月末までキャンペーンとして700円で提供する。iOS 8が動作するすべてのiPhone、iPod touch、iPadで利用できる。

iPhone 5/5sまでならおそらく片手で書けるだろう
iPhone 5/5sまでならおそらく片手で書けるだろう

 mazec for iOSは、手書き入力で直感的に入力できるのが特長だ。読めない難しい漢字の入力や、フリック入力やローマ字入力に抵抗がある人も、従来のキーボードに代わる入力手段になる。

「交ぜ書き」も特長の一つ
「交ぜ書き」も特長の一つ

 iPhoneなら、片手で持ったまま親指で文字が書けるよう最適化されている。一定のスペースまで来ると自動でスクロールされるようになっており、その速度もあらかじめ設定で選べるようになっている。慣れれば電車の中でも入力できるだろう。もちろん、スタイラスペンを使えばよりスムーズに書ける。

 特長の一つは交ぜ書き変換入力で、「かいぎ」「会ギ」などどのように書いても「会議」に変換できる。画数が多い漢字や思い出せない漢字はひらがなで書くことでスムーズに入力できる。

 単語登録ほか「字形登録」も行える。例えば、スマイリーマークを書くと顔文字に変換するなど、独特の書き方や略字でも、目的の文字を入力できるようになる。

 手書き日本語変換入力「mazec」は、これまでアプリ内の手書き変換アドオンとして提供されており、その認識精度には定評がある。mazec for iOSは、個別の独立したアプリとしてApp Store上で提供される。なお、MetaMoji Note/Shareで提供している手書き変換アドオンは、それぞれのアプリと連携したアドオンとして販売を継続する。また、法人向けの「mazec for biz」は年内に提供する予定だ。

 iOSではこれまで、制限によりApple以外がIMEを提供できなかった経緯がある。しかしiOS 8からサードパーティ製アプリのキーボードがサポートされることから、MetaMoJiもいち早く開発を表明していた。

メールやブラウザなどでも手書き入力が可能に
メールやブラウザなどでも手書き入力が可能に

-PR-企画特集