オンキヨー、Dolby Atmos 7.1.4ch対応のフラッグシップAVアンプ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オンキヨーは9月17日、最大7.1.4chでのDolby Atmosによる再生が可能なフラッグシップAVアンプ「TX-NR3030」と「TX-NR1030」を発売した。10月下旬に発売する。税抜価格は、11.1ch対応のTX-NR3030が32万円、9.1ch対応のTX-NR1030が21万円。

  • 「TX-NR3030」

  • 「TX-NR1030」

 TX-NR3030は、11chパワーアンプ搭載し、最大7.1.4chまたは9.1.2chのスピーカ接続によるDolby Atmos再生が可能。Dolby Surroundにも対応し、従来のコンテンツを最大7.1.4chにアップミックスして再生することも可能だ。

 TX-NR1030は、9chパワーアンプ搭載し、最大7.1.2chまたは5.1.4chのスピーカ接続によるDolby Atmos再生が可能。別途2ch分のパワーアンプを追加することで、最大7.1.4chまたは9.1.2chのDolby Atmos再生もできる。Dolby Surroundは最大7.1.2chの再生に対応。

 両機とも、4K/60p、HDCP2.2、DSD5.6MHzネイティブ再生に対応したほか、BluetoothとWi-Fi機能を備える。3段インバーテッドダーリントン回路、ディスクリート構成独立基板などの音質技術を投入し、DACはバーブラウン製192kHz/24bitDACを7基搭載、DSPは32bitをデュアルで搭載する。フロントパネルには制振性に優れたアルミ素材を採用した。

 エントリークラスのAVアンプとして3月に発売した7.1ch対応「TX-NR636」、およびミドルクラスのAVアンプとして5月に発売した7.1ch対応「TX-NR838」には、ファームウェアのアップデートにより、Dolby Atmosに対応するという。詳細は9月29日、オンキヨーホームページで公開を予定している。

  • 「SKH-410」

 また、手持ちのスピーカシステムを生かしてDolby Atmosの視聴環境を構築できる、Dolby Atmosイネーブルドスピーカ「SKH-410」も発表した。3.1ch/5.1ch/7.1chといったスピーカシステムに、SKH-410をハイトチャンネル分として追加することで、Dolby Atmosによる再生環境を構築できる、アドオンタイプのスピーカだ。10月中旬に発売を予定し、税別の想定価格は2万円前後。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加