新型iPhone、Apple Pay、Apple Watchを披露--松村太郎のAppleニュース一気読み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 9月9日~9月15日のAppleに関連するCNET Japanのニュースをまとめた「今週のApple一気読み」。

写真で見る「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」--アップルが発表した新端末
写真で見る「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」--アップルが発表した新端末

 9月9日(米国時間)にカリフォルニア州クパティーノで、Appleはメディアイベントを開催した。予測と噂通り、新型iPhoneとなるiPhone 6/iPhone 6 Plus、そして決済サービスApple Pay、腕時計型デバイスApple Watchを披露した。早速、発表内容に合わせて、振り返っていこう。

予告:アップル特別イベントの内容を随時お届け(9/9)
アップル、注目の特別イベントを開催--製品発表を時間にそってお届け(9/10)
アップル発表会の盛り上がりをグラフで見る--Twitterが公開(9/10)

iPhone 6、iPhone 6 Plusを発表

 各デバイスの詳細については、記事を参照して欲しい。9月9日のメディアイベントで実際に触れた感想にしぼって、述べていきたいと思う。

 iPhone 6で驚くべきことは、拡大されたディスプレイ以上に、その画質だ。筆者はタッチアンドトライの会場に入っていって、角度が付いたところからiPhone 6を見た際、あまりに発色が良く、明るかったため、モックアップにありがちな、てかてかのプリントされたステッカーが画面にはめ込んであるのか、と勘違いしたほどだ。手に取ってみて画面に触れ、画面の中のアイコンが動いたところで、ステッカーではないことに気づいた。

 4.7インチのiPhone 6は、確かにiPhone 5sと比べて長さも幅も大きい。しかし握り心地は、iPhone 6の方が格段に上だった。薄型化され、かつ側面に丸みを持たせたiPhone 6は、iPhone 5sのように2箇所(厳密には4箇所)の尖ったエッジはなく、長時間持っていても疲れることはない。さほど重くならなかった点も、軽さを感じさせるバランスだった。

 筆者はおそらく、iPhone 6 Plusを手に入れると思う。iPad miniとiPhoneをここ2年間併用してきたが、iPhone 6 Plusの1台にまとめられる、と考えたからだ。

写真で見る「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」--アップルが発表した新端末(9/10)
「iPhone 6」のスペックを「GALAXY S5」「HTC One M8」と比較(9/10)
アップル、「iPhone 5s」「iPhone 5c」を値下げ(9/10)
「iPhone 6」、中国で発売延期か(9/12)
「iPhone 6 Plus」のスペックを「GALAXY Note 4」「LG G3」と比較(9/12)
「iPhone 6」の第一印象--4.7インチ画面となった新端末のデザインと機能(9/12)

新決済サービスApple Pay

 Apple Payは、おそらく当面、日本のユーザーには縁のないサービスになりそうだが、米国で暮らす筆者にとって、iPhoneだけで5秒で決済が終わるスピードと、スキミングの心配がないセキュアな点は、これまでの決済サービスにはない大きなメリットだ。

 また、iPhone 6のNFCは、端末背面の中央ではなく、端末の上部、先端部分に入っている。Apple Payでの決済では、端末をリーダーにかざしながらTouch IDの指紋認証を行う、というシーケンスがある。この際に、NFCが端末の先端に入っていれば、端末をかざし、画面を確認しながら指紋認証を行う、という一連の流れが非常にスムーズに実現できる。

 単に機能やビジネスモデルだけでなく、ユーザー体験に基づいたデザインで解決する、Appleらしい一面を感じることができた。

「iPhone 6」、NFCに対応--デジタルウォレット「Apple Pay」も発表(9/10)
アップル「iOS 8」--「Apple Pay」など新機能を写真でチェック(9/10)
アップルの新決済プラットフォーム「Apple Pay」、手数料は誰が負担する?(9/11)

全く新しいカテゴリの製品、Apple Watch

 Apple Watchは、限りなく普通の時計だった。腕に装着した感触も、奇をてらったわけではない。時計らしいデザインも、時計から大きく外れないものだった。しかしAppleは、ガジェットを作り出そうとした──というよりは、「時を知る」という機能性よりもファッションアイテムとしての側面が強くなった腕時計の市場に、新規参入を果たしたという見方が正しいのではないだろうか。

 iWatchでなかった理由も、決して現在の腕時計がテクノロジとして問題を抱えているわけではない、という評価の表れだろう。iPhoneのアクセサリとして、また新しい生活や習慣を作る道具として、Apple WatchはAppleにとっての新たなチャプターを切り開く、1つ目の製品になるだろう。

 おそらく、今後もAppleは「Apple ○○」をリリースしていくはずだ。ライフデザインプロダクト、あるいはファッションの領域でのAppleの活躍は、当然のことながら、iPhoneが輝き続けていることが必須条件であろう。

「Apple Watch」が登場--アップル初のウェアラブル(9/10)
「Apple Watch」を写真でチェック(9/10)
「Apple Watch」搭載のフィットネスアプリ--写真で見る機能(9/10)
アップル、「Apple Watch」アプリ開発キット「WatchKit」を発表(9/10)
アップル、2015年ウェアラブルバンド出荷台数に最も貢献--Canalys予測(9/11)
「Apple Watch」が円形だとしたら・・・--UIデザイナーがコンセプト画像を公開(9/12)

その他

iPhoneの7年を振り返る(4)--AppleはiPhoneを中心としたエコシステムへ(9/9)
「iWatch」と次期「iPhone」、アップルの言う「素晴らしい」製品となるか--特別イベントは間もなく(9/9)
「iPod classic」、アップルオンラインストアで販売終了(9/10)
アップル、U2の最新アルバム全11曲をiTunesユーザーに無料で提供(9/10)
アップル、新プログラミング言語「Swift」のアプリを「App Store」で受付開始(9/11)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加