グーグル、「Chrome Canary」でパスワード自動生成機能をテスト

Seth Rosenblatt (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 福岡洋一 (ガリレオ)2014年09月08日 11時56分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パスワードをさらに改良する取り組みがインターネット全体で行われているが、Googleはこのほど、「Chrome」ブラウザの実験版に独自のパスワード生成機能を組み込んだ。

 この機能は2012年からChromeのオプション機能となっているが、Googleは米国時間9月4日、遅ればせながらこの機能に注目し、まだ荒削りな「Chrome Canary」の新しいインターフェースに追加した。安定版のChromeに搭載される保証はないが、新しいインターフェースに入っているというのは、Googleがもっと一般的なバージョン向けに準備を進めている可能性があることを示している。NetMarketShareの報告によると、Chromeは世界で2番目によく使われているブラウザで、市場シェアは19.61%だという。

 Googleの従業員でChromeの動向に詳しいFrancois Beaufort氏はGoogle+で、このツールはCライブラリを使用し「FIPS 181」に基づく自動パスワードジェネレータで、「強力」で発音可能なパスワードを生成すると述べている。

 機能を使えるようにするには、Chrome Canaryを起動して、2つのフラグ(chrome://flags/#enable-password-generationとchrome://flags/#enable-save-password-bubble)を有効にしなければならない。そうしておくと、新しいパスワードを要求するフィールドをクリックした時、オーバーレイが開いてパスワードの候補が表示される。Chrome Canaryが既存のGoogle Chromeを上書きすることはないが、実験版なので機能が停止する場合があるとGoogleは警告している。

提供:Google
提供:Google

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加